【3/12 UPDATE】被災地応援 冊子進呈企画!

こんにちは、朝子です。
東日本大震災から、間もなく2年が経ちますね。

直接に被害をうけた方々のこの2年間は、想像をこえる
困難の連続だったのではないでしょうか。

震災はまだ終わっていない、という声も多く聞かれます。

そんな2周年の機会に、被災地への思いを皆様と分かち合えたらと思い、
ささやかではありますが、被災地応援企画をスタートしました!

今日3月8日(土)より2週間、当店の商品をお買い上げの皆様で、
ご希望の方全員に、冊子「東北沿岸600キロ 震災報告」
を1冊づつ進呈させていただきます。

※ 配布・販売分ともに好評につき、在庫切れとなりました。
恐れ入りますが、3/13以降の発送分は、
3.11の証言 心に留める東日本大震災(震災報告Ⅱ)」
とさせていただきますことを、ご了承ください。

写真家の大西暢夫氏が、震災数か月後の東北沿岸部を取材した、
心に迫るレポートです。

2年が過ぎた今だからこそ、津波の爪あとがまだ生々しかった当時を
ふりかえり、震災の記憶を胸にきざむ意味があるのでは、と思っています。

冊子代金のうち、経費を除いた全額は、大西さんがいまも支援を続けている
宮城県東松島市の仮設住宅の皆さん、そして、被災者の方々への支援金と
して使われます。

本プレゼント企画は3月22日(土)までです。ぜひご利用ください!

同冊子の販売も行っております。
お求めの方は こちら よりどうぞ。1冊300円です。