11年目がスタートしました。

すこし遅くなってしまいましたが、あけましておめでとうございます。
本年もまたどうぞよろしくお願いいたします。

2009年12月末に会社勤めをやめてから丸10年。
翌年から夫婦ではじめたこの店も今年で11年目を迎えようとしています。

以前、ぼくが働いていたのは、アウトドアスポーツの衣料を製造・販売しているパタゴニアという会社で、20代後半からの約10年間を過ごしました。
山好きが高じて選んだ会社でしたが、「ビジネスを通じて環境問題を解決する」ことを企業理念として掲げるこの職場での経験が、現在の仕事をえらんだきっかけにもつながっていて、今でも何かに行き詰ったり迷ったときの判断基準となっています。

今月19日にトークイベントを予定している長崎県の石木ダム問題も、パタゴニアが数年前から反対活動のための支援を精力的に行っていることを知り、自分も一度現地を訪れてみたいと考えていました。

そして、その機会をくれたのは、今回のイベントのゲストとしてお招きしている写真家の大西暢夫さんでした。

大西さんとはじめて出会ったのは、起業から一年が経とうとしていた頃。東日本大震災による津波で大きな被害を受けた、岩手県宮古市の漁港近くでボランティアに参加していた僕は、東北沿岸部の被災地を数か月にわたる取材を続けていた大西さんと、偶然同じ宿で出会ったのでした。

その後まもなく、大西さんは長年にわたって全国のダム建設予定地で暮らす人々の取材を続けていることを知るのですが、石木ダムの水没予定地・川原(こうばる)の住民のみなさんとも、20年以上の交流を重ねていたのでした。そして、初夏には蛍が乱舞する石木川のほとりでは、『ほたるかご』づくりの伝統が今も続いていることを教えてくれました。

昨年は大西さんの紹介により、一番のかご名人・松本マツさん(92歳)にお願いし、ほたるかごを製作していただきましたので、今回のイベントでもご紹介したいと思っています。

かごづくりの伝統も、身近な自然があってこそ。日本の原風景のようなうつくしい里山を次の世代に残していけるように。これからも、かごを売る店ができること、を意識しながら活動を続けていきたいと思っています。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

カゴアミドリ
伊藤征一郎

1/19(日) 大西暢夫さんトークイベント「石木川と暮らす13の家族」&映画「水になった村」上映会

長崎県・川棚町 川原(こうばる)地区。
川棚川の小さな支流、自然豊かな石木川に多目的ダムを建設する計画がはじまったのは、今から50年以上前のことでした。

(写真はすべて大西暢夫さんが撮影)

水没予定地には今も13世帯の家族が住み続け、建設反対の姿勢を貫いてきましたが、今年の11月19日、県による家屋などの行政代執行(強制収用)が可能となってしまいました。先祖から代々受け継いだ土地も、今住んでいる家も、すべて国のものになってしまったということになります。しかし、そのダムの有用性は疑問視されています。


20年以上前から川原を訪れ、人々と交流を続けてきた写真家・大西暢夫さんが撮影したうつくしい自然と人々の生活の写真をご覧いただきながら、ダム問題に揺れるこの地の状況についてお話を伺いたいと思います。


また、大西さんが15年をかけて製作した映画、日本最大級の岐阜県・徳山ダムの水没予定地に暮らす人々を追った「水になった村」の上映会も、同時開催します。


生まれ育った土地が奪われてしまうというのは、どのようなことなのか。
同じ場所に暮らし続けたいと願う13家族のこれからに、関心を持ち続けていきたいと思い、企画しました。

1)映画「水になった村」上映会& 大西暢夫監督ミニトーク
時間:1/19日(日)13:00-15:00(映画90分+トーク30分)
参加費:2,000円
定員:20名(要予約) 

2)「石木川と暮らす13の家族」大西暢夫さんスライドトーク(受付終了)
時間:1/19日(日)16:00-17:00
参加費:1,500円(佐世保「麹香」さんが こうばる支援米で仕込んだ「甘酒」付)
定員:20名(要予約) ※受付終了しました

※1)2)いずれも小中高校生は半額となります。
※参加費の一部は「石木川まもり隊」への寄付金とします。


<お申込み方法>

◎メールにてお申し込みをおねがいいたします(お電話では承っておりません)。「info@kagoami.com」宛に、メールタイトルを「水になった村」or「石木川トーク」とし、以下についてお知らせください。48時間以内に予約確認のメールをお送りいたします。恐れ入りますが、当店からの返信が無い場合はお問い合わせください。

1)参加者のフルネーム
2)人数(学生の有無)
3)携帯電話番号(緊急時の連絡先として)
4)このイベントはどちらでお知りになりましたか?(任意)

~ 当日の会場について。 お申し込みの前に必ずご一読ください ~

・席数が限られておりますので、キャンセルをご希望の際はお早めにご連絡をいただきますようお願いいたします。1月15日以降のキャンセルはご遠慮ください。
・参加費、イベント用グッズのお支払いは現金にてお願いいたします。
・イベント会場は、営業中の店内の一部を仕切って行うため、ご来店中のお客様の声や物音が響いてしまうなど、防音設備が整っている場所ではございません。また、かばんやコートなどのお荷物は、膝の上に置いていただくなど ご不便をおかけしますこと、あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
・会場20分前より受付を開始します。駅から当店まで徒歩で20分程度かかりますので、お時間にゆとりをもってご来店をお願いいたします。


映画 <<  水になった村 >>

日本最大級の徳山ダムの建設が決まり、だれもいなくなったはずの岐阜県旧徳山村(現:揖斐川町)に、最後までここにいたい、と暮らしつづけた数組の家族。土地と深くむすびつき、幸せに生きる彼らの日々に惹かれた写真家・映画監督の大西暢夫さんが、長年にわたって現地に通い、寄り添い続けた記録です。

ダムの建設に関する問題は、その立場によっていろいろな考えがあるけれど、この映画から伝わってくるのは、小さな山里の村を深く愛し、自然の恵みに感謝しながら暮らし続けた人たちの、とにかく明るく満ち足りた姿でした。

「ここには神様がおるよ」と語るおばあちゃんのいきいきとした笑顔が伝えてくれるもの。ずっと住み続けるはずの故郷を奪われることについて、大西さんの映像とトークを通して感じていただければ幸いです。


<大西暢夫さん プロフィール>
写真家、映画監督、作家、記者。1968年生まれ、岐阜県揖斐郡池田町育ち。

18歳で上京し、東京綜合写真専門学校卒業後、写真家/映画監督の本橋成一氏に師事。
「ナージャの村」のスチールカメラマン等を経て、1998年に独立。
2010年、東京から岐阜県揖斐郡池田町に拠点を移す。

著書:
『僕の村の宝物』『水になった村』(情報センター出版局)
写真集に『アウトサイダーアートの作家たち』(角川学芸出版)
写真絵本『おばあちゃんは木になった』(ポプラ社)
『津波の夜に 3.11の記憶』(小学館)、他多数。

映画監督作品:
2007年『水になった村』(第16回地球環境映像祭最優秀賞)
2016年『家族の軌跡 -3.11の記憶から-』
2018年『オキナワへいこう』

みなさまのご参加をお待ちしております。

ブロールさん&ビヨルンさんのイベントが終了しました

12月16日~18日は、ネーベルスロイド(白樺のかご)とスポーンコリ(マツのかご)のベテラン職人・ブロールさんとビヨルンさんをお招きして、ワークショップや実演、かごづくりにまつわるたくさんのお話を伺いました。

16日、17日は、ブロールさんと白樺工芸家の河内山順子さんによるワークショップ。スウェーデンのヨーテボリ郊外に住んでいるブロールさんの周囲の環境や工房の様子、クリスマスの過ごし方などをスライドで紹介していただいたあと、白樺のかごの縁を根っこでかがるちいさなバスケットをみなさんと製作しました。

その翌日は、スポーンコリのかご職人、ビヨルンさんによるお話し会、そして
松のへぎ材を使ったかごづくりの実演を開催しました。

息子さんのヨナスさんも一緒に並んで

ストックホルム在住、「北欧スウェーデン 暮らしの中のかわいい民芸」の著者であり、スウェーデンの手仕事に詳しい明知直子さんの進行と通訳で会がすすみます。

スウェーデンから持参していただいたコーヒーと、サフラン入りのシナモンロールをいただきながら、ダーラナ地方に伝わってきたスポーンコリの歴史の説明にはじまり、ビヨルンさんのご自宅や工房を訪れたときの動画が映し出されると、まるで一緒に訪問したような気分に。

後半はいよいよ、スポーンコリの実演がスタート。一つ一つの過程を説明しながらも、ビヨルンさんの手は動きつづけます。

わずか30分ほどで本体は完了。つづいて、生の松の木を年輪に沿って手で割き、周囲の補強と持ち手を取り付けます。本場の伝統的な手業を間近にみることができた、夢のような3日間でした。

中でも特に印象的だったのは、ビヨルンさんが実演しながら語ってくれた素材の話でした。

スポーンコリの材料となるマツの木は、樹齢200年を超えるものも多いそう。寒冷な土地に育つマツは成長が遅いため、木目の詰まった丈夫な材料が手に入るのですが、そのような立派な松林は近年では急速に減少しており、あと数十年分しか残されていないこと。これからもこの手仕事を残していくためには、200年後に生きる人たちのための森を、今の自分たちが育てていく必要があるというお話でした。そして、いつか自分の息子にも跡をついでもらえたらと。

自然に寄り添いながら続けられてきたかごづくりの歴史。今後は、さまざまな地域で気候変動の影響を大きく受ける可能性がある中、日本もこれからのかご作りについて考えなければならない時が来ており、共通の問題だと感じました。

70歳を過ぎても探求心を失うことなく、もっとたくさんかごをつくりたい!と目を輝かせ語るお二人に、たくさんの刺激をいただいた毎日でした。
今回の企画をサポートしてくれた ヨナスさん、河内山さん、明知さんにも心よりお礼申し上げます。

「Brorさんのネーベルスロイド展」の会期も残りわずか。いよいよ12月22日(日)までとなりました。ぜひ本場の手仕事を手に取っていただければ幸いです!

 

 

「ブロールさんの ネーベルスロイド展」はじまりました!

今回で3回目となるスウェーデンの白樺細工職人・ブロールさんの「ネーベルスロイド 展』がはじまりました。

 

スウェーデンの人口は約1000万人ほど。国土は日本の約1.2倍で、そのうち3分の2がまだ手つかずの原野という自然が豊かな国です。

調和を好み、ちょっと内気なところもある気質や、自然を愛しシンプルさを美ととらえる感覚など、日本人との共通点も多いといわれているそうで、スウェーデンの人になんとなく親しみを感じているという方が多いのは、そのためなのかもしれません。

そんなスウェーデンより、かご職人のブロールさんが白樺のカゴとともに、今年も日本にやってきてくれました。


革のようにしなやかな白樺の樹皮は、スウェーデンやフィンランド、ロシアを中心に、はるか昔から北国に生きる人々の暮らしを支えてきた、とても優れた素材です。

きびしい寒さや乾燥から木の本体を守るためのコートのような役割を果たす樹皮は、コルクのように厚みがあって水に強く、加工にも適しているのが特徴。

ほそ長いテープ状にカットしてかごを編む技術は、数百年前にフィンランドからスウェーデンへと伝わってきたそうです。

西部のヨテーボリで、40年にわたり白樺細工を続けているブロールさんが作るかごは、こうした伝統を踏まえつつ、ちいさな工夫とアイデアが随所にのぞく 手間ひまのかかった作りが特徴です。大きな体、太い指先から、これほど繊細な作品がうみだされることに、見るたびに驚きを感じます。

荒れ地に森を育て、樹液で生きものののどを潤し、よく燃える幹が人々に暖を届けてくれる白樺の木。マザーツリーとも呼ばれ、北の国々で大切にされています。

あたたかな森の恵みを、この冬お部屋に置いてみてはいかがでしょうか。

ポーランド南部のヘーゼルのかご「レスチェナ」

今年の夏のポーランドの旅で訪ねた場所のひとつに、南部ヤスウォがあります。

ここは、ヘーゼル(ハシバミ)の枝をつかったかご作りが盛んだった場所。郊外にはヘーゼルの森が広がり、かつては200軒もの家が、かごづくりを生業としていたそうです。

今では、専業の職人として活躍しているのはわずか数名とのこと。そのお一人に、今も村人たちで共同管理しているという森に案内してもらいました。

そこは、さまざまな広葉樹と針葉樹が混じりあう天然の森。訪れたのは夕方でしたが、適度に人の手が入った里山の明るさを感じました。

道のそこここに、ほこらのような小さな礼拝所が設けられていて、大切にされている場所だということが伝わってきます。

かご作りに使うヘーゼル素材は、モミやトウヒなど針葉樹の間に育っているものが特に良質なのだそう。植樹をする必要はなく、自然と芽吹くものだけでこと足りるという恵まれた環境です。

木全体を切り倒すのではなく、株になって伸びる1、2年目の若い枝だけを使うため、木の適度な手入れにもなっています。

切り出した若枝は、数日間乾燥させた後、専用の窯で20分ほど蒸し焼きにし、表皮をはがしてへぎ材にします。

職人さんの手とわずかな道具だけで、どんどん編みあがっていく乳白色のかごは、軽いのにとても頑丈。コロンとしたかわいらしいたたずまいが印象的です。

ヘーゼル素材は、すこしマットな色合いが特徴。経年により、色は徐々に濃く変化していきます。

山仕事や農作業に、様々な生活道具の運搬に、この地域の人々の暮らしを支えてきた伝統のかご。ポーランドでも貴重なかごに出会えた、うれしい旅となりました。