『花とかご 展』&ワークショップを開催します

おでかけに、買い物に、さまざまな収納に。 かごは日々の生活の中で活躍してくれる、身近な 道具のひとつ。中に落としを入れれば、季節の草花を かざる器となってあたらしい表情を見せてくれます。

6月12日(水)~16日(日)の5日間、プランツスタイリストの 井出綾さんによる「花」と「かご」のディスプレイが 店内をかざる『花とかご 展』を開催いたします。

初日の12日(水)は、井出さんが選んだ季節の草花やブーケ、 スワッグを販売。 12日(水)、16日(日)に行うワークショップでは、ご愛用の かごや器を使って、花草木を生ける基本を学びます。 毎日の暮らしの中に、小さな自然を取り込むように。 お気に入りのかごに、お花を生けてみませんか。

◇ 初夏の花生け ワークショップ ◇
日時)6/12(水), 16(日) 13:30-15:30
講師)Bouquet de soleil 井出綾さん
定員)各回 6名 (要予約)
参加費)¥4,500 (税込)
持ち物)生けてみたいお手持ちのかごと落としになるもの、花器や生活雑器など。
こちらでも用意いたしますので、そちらをお使い頂くことも出来ます。

【ご予約方法】
Eメール「info@kagoami.com」宛てに、お申し込みをお願いします。
タイトルを「花とかごWS」とし、お名前・電話番号(携帯電話)をお知らせください。当店より確定のメールをお送りします。
(当店からの返信メールが受信できるよう、設定をお願いいたします。)

スタッフ募集のおしらせ(2019年7月より)

当店では、実店舗およびネットショップにて一緒に働いていただけるスタッフを募集しております。

各地のかごづくりの背景を学び、文化を継承していきたい。 そんな理念に賛同し、働いていただける方のご応募をお待ちしております。

小さな店ですのでご自身の得意分野を活かしてくれる方、日常の業務にも課題を持って取り組むことができる人物を必要としています。
当店の仕事に関心のある方のご応募を心よりお待ちしております

◆勤務日数
・週2~3日(週20時間以内)

◆勤務時間帯
・9:30~17:30 

◆時給  1,000円~(交通費 1日500円まで支給)

◆応募の条件
・常にお客様の視点に立って行動できる方。
・日々の業務を計画性をもって進められる方
・文章作成が得意な方。 

◆勤務地
東京都国立市西2-19-2 第一村上ビル二階

◆勤務開始時期
2019年7月より(応相談)

◆問い合わせ先(応募方法)
E-Mail:info@kagoami.com  TEL:042-505-6563
担当:伊藤

履歴書および職務経歴書、志望動機書をメール、もしくは郵送にてお送りください。
(店舗に直接お持ちいただいても結構です)
書類選考後、面接を実施し、採用決定といたします。
※応募書類はご返却できかねますので、あらかじめご了承ください。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

カゴアミドリ  伊藤

『en plus ケニアのかごをめぐる旅 展』がはじまりました

『en plus ケニアのかごをめぐる旅 展』が、始まりました!

店頭には、色とりどり、多様な形と大きさのサイザルバッグが約200点、迫力の品ぞろえです。

海岸部モンバサ地方のマルシェバッグや、砂漠地帯のトルカナバスケット、モロッコやルワンダなど個性豊かな近隣諸国のかごたちも賑やかにならびました。

ケニアといえば、カラフルなプリント布「カンガ」や「キテンゲ」。そして毎年人気の高いアフリカンオリーブの木工品も見ごたえがあります。

会期は5月19日(日)まで。
en plusさんの目で選ばれたアフリカの色と形を、是非楽しんでいただければと思います。

みなさまのご来店をお待ちしております!

 

5/11(土) en plus 中島志保さん トークイベントを開催します

5月8日(水)からスタートする『en plus ケニアのかごをめぐる旅 展』の関連企画として、ケニアの手仕事を長く扱うen plus (オンプリュ) 代表の中島志保さんをお招きし、トークイベントを開催いたします!

◇en plus 中島志保さん トークイベント -ケニアのかごをめぐる旅- ◇
日 時:5月11日(土)   18:00 – 19:00  (開場17:30)
参加費:500円(税込。ケニアのお茶とお菓子付き)

ピープルツリーにてフェアトレードの仕事に深く関わったのち、2004年にen plusを立ち上げ、以来ケニアの手仕事を日本に届ける仕事を続けている中島さん。
2018年秋、作り手さんたちを訪問する中島さんの出張に、当店伊藤が同行しました。

サイザルバスケットの産地として知られるマチャコス地方の村々や、ウール製品を手掛ける工房などの様子を、写真をまじえながら振りかえり、近代化するナイロビとまだまだ不便なマチャコス地方の作り手さんたちの暮らしの様子、ケニアの魅力や日本との違い、日本とケニアをつなぐオンプリュの仕事と中島さんのやりがいなどなど、掘り下げて見ていきたいと思います。

ぜひお気軽にご参加ください!

【ご予約方法】
Eメール「info@kagoami.com」宛てに、お申し込みをお願いします。
タイトルを「トークイベント参加」とし、お名前・電話番号(携帯電話)をお知らせください。当店より確定のメールをお送りします。
(当店からの返信メールが受信できるよう、設定をお願いいたします。)

『en plus ケニアのかごをめぐる旅 展』5/8(水)-19(日)

今年も、en plusの色とりどりのサイザルバスケットが届きます!


ケニアの女性たちの手によるサイザルバッグを中心に、あたたかみある手仕事を日本に届けている en plus (オンプリュ) の中島志保さん。

2018年秋、ケニアの作り手さんたちを訪ねる中島さんの旅に同行して一番印象的だったのは、電気や水道のない小さな村で、かごづくりを生活の糧としている女性たちの明るさとたくましさでした。

日本とは異なる時間の流れのなかで、母から娘へと受けつがれるかごづくりの伝統。時間をかけて作りだされた一つ一つの製品から、ケニアの空気を感じていただけたらと思います。

会期中は、豊富なデザイン、色、サイズを取りそろえたサイザルバスケットとともに、伝統布の「カンガ」や、オリーブの木の木工品、アフリカ各地のかごも並びます。ぜひお運びください。

『en plus ケニアのかごをめぐる旅 展』
 Date:5月8日(水) – 19(日)   
    10:30-17:00 ※13, 14日休
 Place:カゴアミドリ

 

◇en plus 中島志保さん トークイベント◇ 受付中!
 Date:5月11日(土)   18:00 – 19:00  (開場17:30)

サイザルバスケットの産地として知られるマチャコス地方の村々や、ウール製品を手掛ける工房を訪問した旅の様子を紹介。また、ケニアと日本をつなぐオンプリュ中島さんの現地でのお仕事の様子など、スライドを交えつつ伺います。

詳細はこちら!→ https://bit.ly/2VDVNqs