5/13(水)~17(日) 『米澤ほうき工房 WEB受注会』

「米澤ほうき工房」さんとの共同企画により、このたびWEB受注会を開催することとなりました。
5月13日(水) ~ 17日(日) までの5日間、松本箒の受注製作を承ります。
『米澤ほうき工房 WEB受注会』ページ

手箒、中箒、荒神箒の3つの種類から、穂の大きさ・柄の長さと種類・糸の色をお選びいただけます。納期は1か月~1.5か月ほど。完成次第、当店からお客様の元へお届けいたします。

自宅で過ごす時間がふえてきている今、「箒」という道具のすぐれた点をぜひ実感してほしいと、三代目の職人 米澤資修(もとなお)さんと一緒に企画しました。

手軽に、静かに、気持ちよくお掃除ができるのが「箒」の一番の特徴。
掃除機のようにゴミパックや充電も不要。作る時も使う時も環境に負荷がかからず、長年にわたって使い続けることができます。

米澤さんと当店とのお付き合いは今年で4年目となります。これまで、材料となるホウキモロコシの栽培から収穫・製作にいたるまで、何度も取材させていただき、箒づくりにまつわる色々なことを教えていただきました。当店で毎年秋に開催している「箒 展」にも参加いただいており、職人チームのムードメーカー&兄貴的な存在として、とても頼りにさせていただいています。

松本箒は、ガシガシ使える実用主義のイメージがありますが、米澤さんはしなやかでコシのある弾力性をいつも意識しながら製作しています。芯の部分に硬めの穂、周りに柔かい穂を巻いていくことによって、力を強く入れずとも穂先自体の弾力によって、ホコリを掃きだすことができるのです。

柄の素材は、もともとは竹を使うのが一般的でしが、長野は木工職人も多く活躍している場所。米澤さんは地元の作家さんと協力して、柄に「木材」を使ったた箒づくりを得意としています。男性ユーザーが多いというのも、その組み合わせに惹かれる方が多いせいかもしれませんね。
左からクルミ、サクラ、タモ。クルミは柿渋を塗っていて落ち着いた色合いに。サクラとタモは蜜蝋をブレンドしたオイルで仕上げていて、使うほどに艶が増してきます。
持ち手の形状にもこだわりが。握りやすさを追求し、丸ではなく四角い形状に。柄も下から上に向けて太くなるように削っています。

室内のインテリアの邪魔をしない、すっきりシンプルなデザインにもご注目ください。押し入れにしまうのではなく、すぐに手の届く場所に置いてもらえるようにと、米澤さんは見た目の良さにもこだわっています。

左側が手箒、右側が中箒。柄の長さが異なるだけで、使う場所や用途がだいぶ変わってきます。ワンルームや家具の多い食卓まわりでは、手箒が活躍。広いお部屋には、柄の長い中箒があると、掃除の効率がグンと上がります。

参考までに、米澤さんに色の組み合わせ例を聞いてみました。ぜひお気に入りの組み合わせをみつけてみてください。

・タモ材(白)   → 何色でも。白や黒の糸とのシンプルな組み合わせが人気。
・サクラ材(赤)→ オレンジや赤など暖色系の糸
・クルミ材(黒)→ 青や緑などの寒色系や濃い目の糸

左上から、こげ茶、赤、白、緑、オレンジ、黒、青
サクラの柄に、赤糸の組み合わせ
クルミの柄に、青色の組み合わせ

価格は、¥13,500~¥23,500となります(荒神箒 ¥5,800円)。
柄の長さ(手箒・中箒)と穂先の量(三つ玉、四つ玉)によってお値段が変わります。安い価格ではありませんが、数十年にわたって使える耐久性を備え、世代を超えて愛用している方も少なくないことを思えば、決して高くはないと思います。そのはきごこちの良さを体験してしまうと、きっと手放せなくなることでしょう。お引越しのお祝いにもおすすめいたします。

【オーダー方法について】
・会期:5月13日(水)10時より受付を開始、17日(日)までの受付期間です。

・販売アイテム: 
 柄つき箒 30本(資修さん作、お一人様一点まで)
 →完売となりました。追加受注分についてはこちら をご確認ください。
 荒神箒 20本(純子さん作、本数制限はありません)
 ※予定本数に達した際は、会期中でも受付終了となります。

・納期:1~1ヵ月半(受付順での製作となります)

・販売方法:カゴアミドリのオンラインショップより(5/13公開)

・支払方法:クレジットカードのみとさせていただきます。

・送料:大型製品のため、通常料金と異なります。
 手箒> 160サイズ 税込 1,980円(北海道・九州 +440円 沖縄県 +660円)
 中箒> 170サイズ 税込 2,310円(北海道・九州 +440円 沖縄県 +660円) ※ゆうパックでのお届けとなります
 荒神箒> 通常送料(税込 880円~)

・キャンセルについて:ご注文後のキャンセルはできかねます。あらかじめご了承くださいませ。

「米澤ほうき工房」のほうきづくりについては、こちらの記事もごらんください

みなさまの会期中のご来店をお待ちしております。

勝義さん、純子さん、資修さんと並んで

こちらの記事の写真はすべてフォトグラファーの疋田千里さんに撮影いただきました。
https://hikitachisato.com/

『米澤ほうき工房 WEB受注会』ページ

「米澤ほうき工房」のほうきづくり

長野県の「松本箒」は、約150年の歴史をもつ伝統の手仕事。
松本市の南端に位置する旧芳川村・野溝地区は、かつては100戸以上が箒づくりに携わる一大産地でした。

今回、ウェブ受注企画にご協力をいただく米澤資修(もとなお)さんは、「米澤ほうき工房」の三代目の職人です。
住所は隣の塩尻市ですが、野溝の中心部から2キロほどの距離の工房で、代々ほうきづくりを続けています。

初代は、祖父の米澤八郎さん。いかにも職人気質の腕のよい職人だったそう。
年に数回は自ら行商へ。県内の場合は汽車のコンテナ一杯に箒を積みこんで、旅館に長期滞在しながら得意先や家々を順に訪ねるのだそう。すべての箒を売りさばいて上機嫌で帰ってくる姿を、米澤さんはよく覚えているそうです。

そんな八郎さんの働く背中を見て育った米澤さんの父・勝義さんも跡をついで二代目の道へ。
しかし、昭和40年代より徐々に洋式の住宅が増えはじめてくると、畳や板間の部屋が急速に減少。特に、じゅうたんの普及が一気に広まったことにより、掃除機の導入が一気に加速していった時代でした。
箒は、敷物の掃除に向かなかったからです。加えて、都市部の団地やマンションなど集合住宅の増加により、ほこりを外に掃きだすことができない住居環境に変化してきたことも、需要低下の原因となっていきました。

箒職人たちはもちろん、その影響を大きく受けてしまったのが、原料である「ホウキモロコシ」を育てる農家さんたちでした。これまで、箒職人の仕事は分業で成り立っていたのですが、いよいよ最後の農家さんが廃業することとなり、米澤さんのご両親が自ら 栽培・収穫をしなければいけない状況に。譲ってもらったホウキモロコシの種を大切に保管し、手探りでの畑仕事がはじまりました。

それ以来、従来の箒づくりの作業は全体の3割程度。残りの7割は、良質な材料の確保するための畑仕事へと大きく変わっていきました。

5月上旬に種を蒔くと、約3か月後に収穫の時期を迎えますが、その期間中は常に雑草を抜き取り、間引きの作業も必要です。

使える部分は、穂先の部分だけ。一つの茎に、一つの穂しか生えません。長いほうきに必要な穂の量は、約100本。自宅前の1000坪くらいの畑でも、年間で600本程度の材料しかできないそうです。

収穫するのは、最も暑い7月末から8月上旬にかけて。晴天が数日間見込める日を選んで収穫。できるだけはやく脱穀機にかけ、一本一本の穂の向きを確認しながら、まっすぐになるようにアスファルトに並べていきます。その後も、カビや変色を防ぐために、三日間かけて干す作業を繰り返します。

素材の良し悪しを見分けるのは純子さんが担当。完全に水分が抜けるまで、何度も選別作業を続けると、最終的に残るのは全体の半分程度になってしまうそう。その後も、半年かけて室内での乾燥を続けていて、一切の妥協がありません。そのこだわりは、かつてのホウキモロコシ農家さんたちをも大きく凌ぐのではないでしょうか。

二代目の勝義さんは、別の仕事を見つける必要に迫られた時期もあり、資修さんはずっと「跡を継ぐな」と言われて育ってきたのだそう。30代を過ぎるまで、それまでのサラリーマンの生活に何の疑問もありませんでした。

後継者になろうと思ったきっかけの一つは、当時勤めていた地元の酒造メーカーで、取引先の百貨店から「松本箒を取り扱いたい」という話をたまたま耳にして、とても驚いたこと。
また、両親が参加した松本のクラフトイベントの販売を手伝った際、県外から訪れているたくさんの人が両親の箒に関心を寄せていることを知った時でした。

そして、これまでの実用本位の松本箒に、現在の暮らしにあった工夫を加えることで、自分が松本箒の次の世代を繫いでいけるのではないかと感じはじめました。

米澤さんには、育ち盛りのちいさな三人のお子さんがいましたが、その決意は本物。「食べてはいけない」と、ご両親はしばらく反対したそうですが、持ち前のガッツと明るい性格で課題を一つ一つクリアしていきました。

勝義さんが手掛けるのは伝統的な松本箒。昔ながらの実用主義のつくりとデザインで床屋さんや旅館、スキー場(雪を払い落とす)など、商売や業務用として使っている昔ながらのお得意様が中心です。

これに対し、資修さんが目を向けたのは、現在の住環境にあわせた個人向けの需要でした。一人暮らしにあわせて、取り回しやすい小型ほうきを新たに加えたり、竹の柄は軽くて丈夫だが、経年とともにひびが入ってしまうことがあるため、地元の木工職人さんと一緒に無垢材の柄を採用するなど、松本箒の従来の機能はそのままに、デザインや耐久性を考慮した新しい箒づくりもはじめていきました。

これまで箒は目立たないところに置かれることが多かったと思いますが、お部屋のイメージを損なうことのないシンプルな佇まいに、まずは地元の若い人たちが注目をはじめました。そして、新しい魅力の松本箒の評判が、日本の各地にも広がっていくこととなります。

資修さんはそんな中でも、松本箒の伝統の変えていい部分と、変えてはいけない部分のバランスがむずかしいといいます。そして、これまでもこれからも、その判断基準はいつも隣で作業している勝義さんの存在がとても頼りになっていることでしょう。

今では、長野の伝統工芸品を代表する若き職人の中でもリーダー的な存在としても活躍している資修さん。今年は「俺、箒屋継ぐから」と長男が高校の商業科に進学したのだとか!

これからも『米澤ほうき工房』の活動に目が離せません。

・・・・・・・
写真の一部はフォトグラファー疋田千里さんのものを使用しています。

 

【5/1 現在】実店舗の休業について

日頃より当店をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
新型コロナウイルス感染症への対策として、5月の営業予定についてお知らせいたします。

【実店舗(国立店)】
国立の実店舗では、引き続き5月末まで休業とさせていただきます。

WEBショップ
現在、通常通り営業しております(お問合せ対応:月-金 10:30-17:00)。
 5月後半からは、米澤ほうき工房の三代目・米澤資修さんとの共同企画による『WEB販売会』も予定しております。 詳細が決まり次第、ご案内させていただきます。

なお、今後の状況によっては、上記の内容・スケジュールを変更させていただくことがございます。
引き続きご不便をおかけいたしますが、ご理解のほど宜しくお願いいたします。

『オンプリュのかご展 』キャンペーンについて

ケニアの手仕事を扱うen plus(オンプリュ)さんとの共同企画による
『Baskets woven in East Africa オンプリュのかご展』が スタートしました!

今年も、オンプリュさんのオンラインショップに、多彩なサイザルバッグや個性豊かなアフリカの手仕事がにぎやかに揃いました。
豊富なバリエーションの中から、お気に入りの一つをぜひ探しにきてください!

会期中に ¥4,000円(税抜) 以上 ご利用のお客様には、カナモノヤ「コナヤ」さんによるアルミ製のオリジナルチャームをプレゼント。
スワヒリ語のメッセージを一つ一つ手で掘った、鳥やかごをモチーフにしたかわいいシルエットです。

【キャンペーンのご利用方法】
1) オンプリュさんのオンラインショップで商品を選んで【レジへ進む】にすすむ。
2)【お客様情報の入力】にすすむ。
3)【配送設定の入力】にすすむ。
    ページ下にある【備考】「チャーム希望」のコメントを入力してください。

※ 恐れ入りますが、チャームの形のご指定はできません。またお一人様一点とさせていただいております。

会期は、5月10日(日曜日)まで。
ぜひたくさんの皆様にご覧いただければ幸いです!

イベントページ:『Baskets woven in East Africa オンプリュのかご展

4/28(火)~5/10(日) Webイベント 『オンプリュのかご展』

Date : 2020年 4月28日(火) – 5月10日(日)
『 -Baskets woven in East Africa – オンプリュのかご 展』

今年も、ケニアの手仕事を扱う「enplus(オンプリュ)」さんのご協力のもと、色とりどりのサイザルバスケットや、ユニークなかごを国立の店舗にて、たくさんご紹介する計画でしたが、残念ながら中止の運びとなりました。

半年以上前から、この日のために時間をかけてかごを編み、届けてくれた、ケニアとウガンダのたくさんの女性たち。このまま紹介できずに終わるのは、本当にもったいないし申し訳ない!

そこで、当店のinstagram facebook  上での企画展という形で、ご遠方の皆様にもご覧いただけるよう、通信販売が可能なアイテムをご紹介してまいります。
実物を手に取ってご覧いただくことはできないけれど、撮影をフォトグラファーの疋田千里さんにお願いし、それぞれのバスケットの特徴や魅力がわかりやすく伝わるように、あかるくたのしい雰囲気とともにご紹介していきたいと思っています。

商品のご購入は、enplusさんのオンラインショップ→ をご案内させていただきます。

また、会期中に 4,000円(税抜) 以上をご利用のお客様には、カナモノヤ「コナヤ」さんによるオリジナルチャームをプレゼント。キャンペーンの詳しい内容はこちらをご確認ください →


ウェブ限定の企画展ははじめての試みとなりますが、オンプリュの中島さん、疋田千里さんと力をあわせて、たくさんの方にみてたのしんでいただけるイベントにしたいと思っています。

みなさまのご来店をお待ちしております!

【オンプリュ 中島志保さん プロフィール】
1973年 神奈川生まれ。
フェアトレードの仕事で世界のハンディクラフトと出会う。東アフリカ・ケニアで暮らす人々と手仕事に出会い、その魅力を日本に紹介をはじめる。地域の手仕事の技術をいかしつつ、日本の暮らしにあうように、少しアレンジを加えてものつくりをしている。

手で作ったものはひとつずつ違っていて、どれも愛おしい。受け取ったバスケットは誰かが必要なもの。その誰かをみつけられますようにという気持ちでいます。

はじめてケニアを訪れてから今年で20年。アフリカ大陸が飛行機から見えた時の心がふるえるような瞬間を覚えています。これからも暮らしの中にあったら楽しくなるようなものを、お届けできたらと思います。

【疋田千里さん プロフィール】
1977年京都府生まれ。現在 東京都在住。
高校・大学と写真部。スタジオ勤務、カメラマンアシスタントを経て2003年よりフリーランス。クライアントワークスとしてのポートレイトや料理撮影に加え、旅と日常の間にあるLIFEを写真に残す。

写真を撮るようになったのは高校生のときでした。写真部に入って、重たい一眼レフカメラで身の回りのものを撮り始めました。でも、すごく不真面目な部員だったし、まさか写真を撮る仕事に就けるなんて思ってもいなかったです。

小さい頃からずっと、本を読むことが好きでした。それも、遠い国で暮らす女の子の話が大好きで。カメラを持って、そんな女の子に会いに行きたい、彼女たちの暮らしを覗かせてもらい、写真に撮らせてもらいたい。そんな気持ちが今でもあります。