【かごイチ vol.11】Down to Earth アーミッシュのかご

この秋最初の開催となる「かごイチ」では、Down to Earthの山中麻葉さんを お招きし、アーミッシュのかごや生活用品を販売いただきます。

◎ 出店者:Down to Earth 山中麻葉(やまなかまは)さん
◎ 会期:11月24日・25日(土・日)10:30 ~ 17:00
◎ 製品:アーミッシュのかご、ナチュラルソープ、キャンドル、書籍

Down to Earthの山中麻葉さんは、1984年生まれ。
高校生のときにアーミッシュの存在を知ってから、これまで10年以上アーミッシュの文化を独自に調べ、現地にも足を運んでいます。現在は、オハイオ州、ペンシルバニア州などのアーミッシュと親交を深め、その暮らしの魅力をウェブサイトで発信。

2016年からは、アーミッシュの女性より譲り受けた型紙をもとに、アーミッシュワンピースのブランド「Down to Earth」を立ち上げ、ウェブサイトでの販売や各地でのイベントも行っています。

HP > https://dte-amish.com/
Instagram >@dte_amish
Facebook> https://www.facebook.com/dte.amish/

【販売する商品】

・アーミッシュのかご
作り手は、オハイオ州に住むシュワルチェントルーバーというグループに属するアーミッシュの家族です。まあるいフォルムが特徴的なエッグバスケット、手提げかご、焼きたてのパイを入れるかごなどなど、実用的でかわいいカゴを集めました。
※写真はイメージです。

・ナチュラルソープ
「誰もが安心して使えるナチュラルな商品を家庭に」という想いでアーミッシュの夫婦が立ち上げたブランド「Naturally BACK TO BASICS」。エッセンシャルオイル、シアバターなど、自然素材のみで作られた石鹸。泡立ちよく、やさしい洗い心地です。

・ソイキャンドル
大豆由来のロウで作られたキャンドルです。一般的な石油由来のろうそくと違い、すすが出にくく、燃焼時間も長めです。フレッシュレイン、洋梨、ラベンダー、シーブリーズの4種類の香りがあります。

・フォトブック「アーミッシュ の暮らし」

【アーミッシュを訪ねる旅 トークイベント】

・11月24日(土) 18時~19時
・参加費 300円(お茶菓子付き)
・スピーカー 山中麻葉さん

2006年にはじめてアーミッシュのコミュニティに滞在して以来、人々のライフスタイルに魅了され続けている山中さん。

当日は、アーミッシュの現在の暮らしとものづくりを通じた交流についてお話しを伺います。みなさまのご参加をお待ちしております。

【お申し込み方法】
Eメール「info☆kagoami.com(☆→@に変えてください)」 宛に、お申し込みをお願いいたします。タイトルを「11/24 トークイベント」としていただき、以下についてお知らせください。

1)お名前
2)日中のご連絡先(携帯電話番号をお願いいたします)
3)このイベントを知ったきっかけを教えてください

たくさんのものと情報にあふれている私たちの日常とは対照的に、素朴で明るくたくまく生きるアーミッシュの人々。
その魅力的な暮らしの一部をぜひのぞきにきてください。

新木場・CASICA『はこぶ・しまう・かざる』展

「生きた時間と空間を可視化する」をコンセプトに新木場に昨年オープンした『CASICA』さんでの企画展がスタートしました!

会期:10月10日(水)- 21日(日)  
   11:00-19:00(15日 休み)


『はこぶ・かざる・しまう』をテーマに、当店が選んだ世界の国々のかごと、CASICAさんが通常取り扱っている日本の古いかごやざるが一緒に並んだ、見ごたえのある品揃えになっていると思います。

高い吹き抜けから吊り下げられた、たくさんのかごのディスプレイは圧巻です!

新・旧の生活道具や家具、書籍や植物も取り揃えたショップに加え、薬膳を取り入れたカフェも併設されている開放的な空間。ご家族連れでもゆっくりたのしくお過ごしいただけることと思います。

来週、21日(日)までの開催です。ぜひお運びください!

CASICA HP >https://casica.tokyo/
CASICA アクセス >https://casica.tokyo/access 

二名良日「植物と旅をする」展

二名良日「植物と旅をする」
2018年10月24日(水) ~ 11月4日(日)  ※29・30日休み
二名さん在店日  10月28日(日)

植物探検作家・二名良日さんの手から生まれる、さまざまな種類のリース。

その素材となるのは、野生の草木、稲や麦、捨てられる運命になった花など、 通常のリースづくりには使われない植物たちがほとんどです。

今年も、日本各地の植物と出あう旅を続ける二名さん。 その手により、新たな命が吹き込まれた植物たちの姿をご覧ください。

【紫陽花のリースづくり】

二名良日さんによる、紫陽花の花をリースに仕上げる この時期だけの人気のワークショップです。

作業時間は、1時間半ほどを予定しています。はじめての方も安心してご参加いただける内容です。自分だけのオリジナルのリースを仕上げて、お持ち帰りください。
(製作するリースのサイズは、直径25センチほどとなる予定です)

【日時:11月5日(月) 12時~ ・ 15時~】 

【募集人数】各回 10名

【参加費】税込 5000円(材料費込)

【お申し込み】
 peatrix より、お申し込みをお願いいたします。
 > https://peatix.com/event/441760/view
 (先払いでの受付、お一人様一枚までの購入となっています)

【当日必要なもの】
 ・軍手  
 ・剪定バサミ(お持ちでない場合は貸出可能)
 ・エプロンなど(汚れてもよい服装でお越しください)
 ・お持ち帰り用の袋(大きめのビニール袋と紙袋)

※「二名良日 植物と旅をする 展」の開催は、11月4日(日)で終了となります。
ワークショップ開催日は、展示販売用のリースはございません。

ご不明な点等ございましたら、info@kagoami.comまでお問い合わせください。
みなさまのご参加をお待ちしております。

 

『竹聲館 & Crafty のかご展』はじまりました

『竹聲館 & Crafty のかご展』
10/3(水)− /14(日)  10:30-17:00(8.9日休み)

大分・湯布院にて、竹工芸家として40年以上のキャリアをもつ高見八州洋さんと、綾子さんのご夫婦が手掛ける「竹聲館」のかご。


ご両親に影響を受け、竹素材に布やレザーなど、異なる素材を組み合わせたかごバッグを手掛ける「Crafty」の高見一也・佳乃さん。

家族それぞれの個性と技を活かしたかごが並びました。

ぜひお立ち寄りください。

『種から育てる箒 展』トークイベントのお知らせ(受付終了しました)

『種から育てる箒 展』では、各地の箒職人さんをお招きしたトークイベントも開催します。

9月22日(土)の18時より、松本箒の米澤資修さん、中津箒の吉田慎司さん、つくば箒のフクシマアズサさんの3名にお集まりいただき、日頃なかなか接する機会のすくない作り手さんたちの素顔をご紹介したいと思います!

今展でご紹介しているのは、長野の松本箒、神奈川の中津箒、茨城のつくば箒、そして栃木の鹿沼箒です。 製品の見た目や作りには、それぞれの個性やこだわりが表れていて、その違いを発見するのも楽しみのひとつ。

一方で共通しているのは、どの職人さんも、丈夫で使いやすい箒を作るために、素材となる「ホウキモロコシ」をみずから育てる仕事にも並々ならぬ努力を重ねている、という点です。

今回のトークイベントでは、3人の職人さんに登場いただき、それぞれの箒づくりの特徴から、箒職人を決断したきっかけ、師匠との信頼関係、職人あるある話など、箒にまつわるあれこれをお聞きしてみたいと思います!

ぜひお気軽にご参加ください。

【開催日】9月22日(土) 18時~19時

【ゲスト】米澤資修(松本箒) 吉田慎司(中津箒)フクシマアズサ(つくば箒)

【定員】20名(受付終了しました)

【参加費】1,000円(1ドリンク付き)

【お申し込み方法】
「info☆kagoami.com」 ☆→@宛に、メールでお申し込みをお願いいたします。
 タイトルを「ほうきトーク」としていただき、以下についてお知らせください。

 1)お名前
 2)日中のご連絡先(できるだけ携帯電話番号をお願いいたします)
 3)このイベントを知ったきっかけを教えてください(任意で結構です)
  ※当店からのメールが受信できるよう、設定をお願いいたします。

みなさまのご参加をお待ちしております!