『かざる わら細工 展』は明日2/18(火)から!

宮崎県日之影町で三代続く「わら細工たくぼ」さんによる、三度目となる企画展を行います。

今回のテーマは『かざる わら細工』ということで、たくぼさんが手掛けている「縁起物のお飾り」をすべて一堂に揃えていただきました。これまでの当店の企画展で一番の品ぞろえとなっています。

はじめて わら細工たくぼさんの工房を訪れたのは、4年前のことでした。
以前にも各地のわら細工名人にお話を聞く機会はあったのですが、そのほとんどはお米農家の年配の方々でした。

60年続く家業を継いだという三代目の甲斐陽一郎さんは、当時まだ30代の半ばという若さ。
先代が副業としてきたこの仕事一本にしぼって、専業の職人として活躍していることにも驚きました。

当初、職人になることを決意した頃は、すぐに注文が舞い込むわけでもなく、毎日一人でわらの束に向き合い、技術をあげるための日々を過ごしていたそうです。

しかし次第に、その姿を見ていた人から声をかけられ、注文を受けるように。すると甲斐さんの高い技術と誠実な仕事が評判をよび、数年のうちに、地元になくてはならない存在となっていきました。

さらに、自分もわら細工を手伝いたいと工房を訪れる人も増えはじめ、横浜から移住してきた20代の青年も職人を目指して仲間に加わり、今では10人を超える大所帯に。80代から20代まで、さまざまな世代が一緒になって、棚田での米作りから力をあわせて働いている姿は、失われつつある日本の手仕事の 一つのモデルケースのように感じています。

会期中は、棚田でのお米作りから、わら細工を手掛けるたくぼの皆さん、自然豊かな風土、日之影町の季節を撮影した フォトグラファー・川しまゆうこさんによる、写真展も同時開催いたします(この記事の写真は、すべて川しまさんによるもの)「わら細工 たくぼ」の魅力をより一層お伝えしたいと思い、今年も企画しました。
ぜひたくさんの方にご覧いただければ幸いです。

【 かざる わら細工 】
会期: 2月18日(火)~3月1日(日)
時間:10:30~17:00     会期中無休
※23日(日)は、トークイベント準備のため、16時より設営の準備をさせていただきます。 24・25日(月・火)はワークショップ開催のため、売り場の一部のスペースを縮小しての営業となりますこと、あらかじめご了承くださいませ。

 

『かざる わら細工 展』ワークショップのお知らせ

「わら細工たくぼ」 祝酉&祝亀 ワークショップ
今年で3年目の開催となる『わら細工たくぼ』の企画展では、今回も甲斐陽一郎さん、
山木博文さんの二人の講師をお迎えし、ワークショップを開催します。

一年を通じて室内に飾る「縁起物のお飾り」、『祝酉』と『祝亀』をつくります。


祝酉

祝亀

初心者を対象としていますので、はじめての方もご心配なくご参加いただけます。
(恐れ入りますが、経験者の方や事業目的の方のご参加はご遠慮いただいております。)
作業の一部は、専門の技術を要する箇所があるため講師の手で行います。あらかじめご了承ください。

〇 募集期間: 2月1日(土)~ 8日(土) 
お申し込み多数の場合は抽選とし、2月10日(月)までに結果をお知らせします。(2/10 追記:当選者の方へのお知らせは完了しました)

1) 2月24日(月) 
 ① 祝酉(10時~13時)
 ② 祝亀(14時~17時)
参加費: 4800円(税込)
定員:各回 8名  ※申込み多数の場合、抽選となります。
講師:2名(甲斐さん、山木さん)
持ち物:エプロン、お持ち帰りの袋

2)  2月25日(火)
③ 祝酉(10-13時)
参加費: 4800円(税込)
定員:5名   ※申込み多数の場合、抽選となります。
講師:1名(山木さん)
必要なもの:エプロン、お持ち帰りの袋

【お申し込みの前に、お読みください】
・参加されるご本人様のお申し込みをお願いします。
・参加人数が限られますので、お申し込みは一回のみ でお願いいたします。
・一般のお客様の体験を目的に企画しています。事業など特定の活動を目的としたご参加はご遠慮くださいませ。
・作業スペースは店内の一部を使って行いますので、他のお客様の目にも触れる場所での開催となります。あらかじめご了承ください。
・進行状況によって、終了時間が予定より前後してしまう可能性がございます。あらかじめご了承ください。

【お申し込み方法】
Eメールで「info@kagoami.com」宛てに、お申し込みをお願いします。
タイトルを「2/24(月) WS① or ②」 または「 2/25(火)  WS③ 」とし、以下の項目をコピーしてお知らせください。
ーーーーーーーーーーーーーーー
1)希望の日時(以下のいずれかをお選びください)
  ① 祝酉(2/24 10時~13時)② 祝亀(2/24 14時~17時)③ 祝酉(2/25 10-13時)
2)お名前 
3)電話番号(携帯電話)

お申し込み多数の場合は、抽選とさせていただきます。
当選のお客様には、2/10(月)までに当店より参加確認のメールを差し上げます。
(そのメールにご返信をいただいた時点で、予約完了となります。)
※2/10 追記:
すべての回の申込数が参加枠を超えたため、抽選とさせていただきました。当選したすべてのお客様には、2/10 9時までにメールにてご連絡を完了しております。確認後、ご返信をお願いいたします。

【アクセス】
東京都国立市西2-19-2 第一村上ビル2F
http://kagoami.com/store/
中央線・国立駅から徒歩約15分、南武線・矢川駅から徒歩約15分

みなさまのご参加をお待ちしております。

 

『かざる わら細工 展』2/18(火)~3月1日(日)

わら細工たくぼ「 かざる わら細工 展 」
2020年 2月18日(火)~3月1日(日)
OPEN 10:30~17:00 ※会期中無休

写真:川しまゆうこ

神話の息づく土地でうみだされる祈りのかたち。
宮崎県・日之影町で三代続く『わら細工 たくぼ』の縁起物のお飾りは、毎日の暮らしにそっと寄り添ってくれる、お守りのような存在のわら細工です。

今年も「わら細工たくぼ」の皆さんが丹精を込めて手掛けた、すがすがしい藁のお飾りがフルラインナップ並びます。
家族の集まる場所に、キッチンや玄関、寝室や子供部屋など、思い思いの場所に飾っていただけます。

会期中は、さまざまな世代がともに働き、棚田でのお米作りからわら細工を手掛けるたくぼの皆さん、自然豊かな風土とうつろう季節を撮影した、フォトグラファー・川しまゆうこさんによる写真展も同時開催いたします。
写真:川しまゆうこ

会期中は、トークイベント&ワークショップも予定していますので、ぜひご参加ください。詳細は、2月上旬にご案内させていただきます。

 

2/23(日) わら細工たくぼ & 川しまゆうこさん トークイベント(受付終了しました)

( 2/15 受付終了しました )

日時:2月23日(日)17時半~19時(開場 17時)

神話の里とよばれる宮崎県・高千穂郷のしめ縄は、お正月やお祭りなど、
特別な行事に使われるだけではなく、家庭でも年間を通じて飾るなど、
神様の存在が毎日の暮らしに息づく土地。
          (写真はすべて川しまゆうこさんが撮影)

創業から60年以上、この地域のしめ縄づくりを続けてきた「わら細工たくぼ」の
三代目である甲斐陽一郎さんと、2016年に神奈川から移住したくぼの一員として
働いている山木博文さんのお二人に、この土地でわら細工の仕事を続けていく
ことについてお話を伺います。また、縁起物のお飾りの実演もご覧いただけます。

イベントの後半では、会期中に写真の展示をしていただいているフォトグラファーの
川しまゆうこさんによるスライド&トークもおこないます。
棚田でのお米作りからわら細工を手掛ける たくぼの皆さんの姿、そして豊かな風土と
うつくしい季節を感じていただけることと思います。

みなさまのご参加をお待ちしております。

【トークイベント】
日時:2月23日(日)17時半~19時(開場 17時)

ゲスト:甲斐陽一郎さん、山木博文さん、川しまゆうこさん
参加費:1200円 宮崎県日之影町のお菓子 と お茶 付
人数:20名(要予約)

【受付方法】

Eメール「info@kagoami.com」宛てに、お申し込みをお願いします。
タイトルを「2/23(日)トークイベント参加」とし、
①お名前  ②人数  ③電話番号(携帯電話)をお知らせください。
予約の確定後、当方より確認のメールをお送りします。
(24時間以内にメールを送信しますので、届かない場合はお問い合わせください)

【お申し込みの前にご確認をお願いします】
・昨年開催したトークイベントと内容の一部が重複しています。
・進行状況によって、終了時間が予定より前後してしまう可能性がございます。
 あらかじめご了承ください。

【アクセス】
東京都国立市西2-19-2 第一村上ビル2F
http://kagoami.com/store/
中央線・国立駅より、徒歩約15分、南武線・矢川駅より、徒歩約15分。

2/16(日) まちの野鳥観察会&クリーンナップ vol.2

【まちの野鳥観察会&クリーンナップ】
日時:2月16日(日)13:30~15:30(13時20分受付)
場所:カゴアミドリ とその周辺

12月に開催した「観察会」+「クリーンナップ」企画、今後も続けていきたい!と「株式会社 鳥」のスズメ社鳥が2回目のイベントを企画してくれました!

写真:Chisato Hikita

ゆっくりとくにたちの街を歩きながら、身近な鳥たちを観察しましょう! 普段の生活ではなかなか視界に入らない、気にかけないところに注目する観察会です。野鳥は、空や電柱を見上げたり、水溜りが好きな鳥たちが近くにいないかなど、野鳥の気持ちになって探しましょう。鳥たちの暮らしの痕跡がきっと見つかります。


写真:Chisato Hikita

彼らの食べ物として、ときには植物たちも注目します。アスファルトやブロックの隙間など、たった少しの土がある場所で力強く生きています。同じ高さまで目線を下げてみて、じっくりと観察します。

途中でみかけたゴミも、よく見てみると様々な情報が。どこからやってきたのか考えながら、きれいにしちゃおうという企画です。歩き終わった後は、見慣れた道を見る目もぐっと変化しているはず!


写真:Chisato Hikita

当日は「肩チュンbird」など株式会社 鳥 製品販売も行います。

<スケジュール>
13時半~15時半(お話し30分、観察会60分、ほか の予定です)
※雨天時などは、野鳥がみつけられない場合もあります。
<人数>  8名(要予約)
<参加費> おみやげ 付
・大人:1,500円+税(一部はJEANへの寄付金となります)
・小-中学生:1,000円+税 ・未就学児:無料 (おみやげはつきません)
<持ち物>
・観察用の双眼鏡、ルーペ、接写できるカメラなど(※無くても問題ありません)
・温かい飲み物(屋外を1時間ほど歩きます)
・防寒着(屋外を1時間ほど歩きます)
・雨天の場合、レインウェア(お持ちで無い方は傘)
・軍手やトング(観察時にみかけたゴミを拾います)
・ごみ袋は持参不要です(株式会社 鳥 で準備いたします)

<お申し込み>
Eメール「info@tori.co.jp」宛てに、お申し込みをお願いします。
タイトルを「2/16 観察会」とし、お名前・電話番号(携帯電話)をお知らせください。
株式会社 鳥 より二日以内に、ご予約確定のメールをお送りします(返信メールが受信できるよう、設定をお願いいたします。ご返信がない場合、確認のためSMSをお送りすることがございます)。
※2月12日以降は、50%のキャンセル料金が発生します。
荒天中止。中止の場合は、前日18時までにご連絡致します。

【スズメ社鳥より一言】
身近な生き物の暮らし、生態。ちょっとした発見や楽しみをお届けできれば嬉しいです!

(プロフィール)
株式会社鳥 代表鳥締役。1986年、愛知県生まれ。
「とりいれよう。暮らしに鳥を。こころに鳥を」がキャッチコピー。野鳥に興味を持つ人が増えてほしい!と東京と愛知を拠点に活動中。株式会社鳥を2010年に設立。メガチュンや肩チュンbirdなど、観察と工作を組み合わせたワークショップや観察会、商品企画をおこなっとります。
HP:https://tori.co.jp/