写真家の大西暢夫さんによる、東日本大震災の被災地からの報告です。

2011年5月から2カ月にわたり岐阜新聞に連載された記事が一冊になりました。

大西暢夫 東北沿岸600km 震災報告  大西暢夫 東北沿岸600km 震災報告

津波の爪痕がまだ生々しく残る東北の沿岸部に足しげく通い、
すさまじい破壊の中、一日一日を生きようとする人々の様子を
寄り添うような目線で伝えた、心に迫るレポートです。

著・発行:大西暢夫
サイズ:A5判 モノクロ48ページ

大西暢夫 東北沿岸600km 震災報告

【本文からの抜粋】

「...僕はカメラマンとしての役割を考え、今の行動を選択した。岐阜から出発し、
岐阜で発信することに意義を感じていた。現場に行けば涙を流す現実しかない。
見た事実を伝えていきたいが、何もかもが巨大で語りつくすことなど到底できない。
その悔しさやもどかしさが常にしこりとして残った。
でも僕は遠くに暮らす人に、少しでも知ってもらいたかった。それはメディアに関わる
カメラマンとしての仕事だと思った。」


当冊子の売上金は、経費を除き全額が被災者の支援活動に寄付されます。
当店は、大西さんの活動に賛同し、販売協力を行っています。


<お届けについて>
本品は、下記のお届け方法がご利用いただけます。

・2冊まで: スマートレター(日本郵便)  一律 180円
・3~5冊: レターパックライト(日本郵便) 一律 370円

※郵便受けへのお届けとなります。出荷日から2~4日ほどの
 お時間をいただきます。

※代引き・後払い決済はご利用いただけません。

※スマートレター(180円)をご希望の場合は、お手続きの際、
  画面に選択肢が表示されますのでお選びください。
  (レターパックライト(370円)は、選択肢が表示されません。
  ご注文時はスマートレターをお選びください。
  当店にて送料を修正の上、正しい金額をお知らせします。)


大西暢夫 東北沿岸600km 震災報告

価格: ¥300 (税込 ¥330)
数量:

返品について

【大西暢夫さん プロフィール】

おおにし・のぶお 写真家。1968年生まれ。岐阜県で育つ。
写真家・映画監督の本橋成一氏に師事。原発事故後のチェルノブイリに入り、映画「ナージャの村」のスチール写真を担当。主な著書に「僕の村の宝物」(情報センター出版局)、「分校の子どもたち」(カタログハウス)、「ひとりひとりの人」(精神看護出版)など。2010年刊行の写真絵本『ぶた にく』で小学館児童出版文化賞、産経児童出版文化賞を受賞。映画監督作品に「水になった村」がある。東日本大震災後は被災地に通い、取材を続けている。

お客様の声

kerojiji様 投稿日:2012年09月13日
おすすめ度:
大西さんの小冊子、素晴らしかったです。もっと広く多くの方々がこの写真を目にする機会を作れたら良いのに、、と、感じました。
カモノハシ様 投稿日:2012年08月17日
おすすめ度:
まだ大きな余震が続き、衝撃覚めやらぬ東北の5月下旬から7月下旬までの状況が人々の証言からリアルに伝わってきます。
カメラマンとして今自分ができることは何かと自問した結果、「連日の報道で、災害の恐怖を覚えたことが障害となり、東北に足を踏み入れる勇気が、なかなか湧いてこない。僕はそれぐらい小心者だ。(本文5月27日、より抜粋)」と赤裸々に表現されたほどの恐怖心を振り払い、岐阜から東北へと通い続けた大西さんの気概に深く感じ入るものがありました。

私は東京で3月11日からの一連の出来事を経験したあと、3月末に関西に入りました。その時、「普通でない状態からの脱出」にほっと安堵したのと同時に、関西では日常生活があまりに普通に送られていることに驚きを禁じ得ませんでした。
人々の実感もどこか弱いように思え、距離がある、ということはこういうことなのか、と・・・。
大西さんが、遠くに暮らす人に、少しでも東北の様子をわかってもらいたい、と願った気持ちがよくわかりました。
エリ様 投稿日:2012年08月14日
おすすめ度:
大西さんの臨場感ある言葉を通じて、当時感じたことが蘇ってきました。ずっと残しておきたい一冊です。300円という購入しやすい値段にも感謝。
もっと見る