『かざる わら細工 展』は明日2/18(火)から!

宮崎県日之影町で三代続く「わら細工たくぼ」さんによる、三度目となる企画展を行います。

今回のテーマは『かざる わら細工』ということで、たくぼさんが手掛けている「縁起物のお飾り」をすべて一堂に揃えていただきました。これまでの当店の企画展で一番の品ぞろえとなっています。

はじめて わら細工たくぼさんの工房を訪れたのは、4年前のことでした。
以前にも各地のわら細工名人にお話を聞く機会はあったのですが、そのほとんどはお米農家の年配の方々でした。

60年続く家業を継いだという三代目の甲斐陽一郎さんは、当時まだ30代の半ばという若さ。
先代が副業としてきたこの仕事一本にしぼって、専業の職人として活躍していることにも驚きました。

当初、職人になることを決意した頃は、すぐに注文が舞い込むわけでもなく、毎日一人でわらの束に向き合い、技術をあげるための日々を過ごしていたそうです。

しかし次第に、その姿を見ていた人から声をかけられ、注文を受けるように。すると甲斐さんの高い技術と誠実な仕事が評判をよび、数年のうちに、地元になくてはならない存在となっていきました。

さらに、自分もわら細工を手伝いたいと工房を訪れる人も増えはじめ、横浜から移住してきた20代の青年も職人を目指して仲間に加わり、今では10人を超える大所帯に。80代から20代まで、さまざまな世代が一緒になって、棚田での米作りから力をあわせて働いている姿は、失われつつある日本の手仕事の 一つのモデルケースのように感じています。

会期中は、棚田でのお米作りから、わら細工を手掛けるたくぼの皆さん、自然豊かな風土、日之影町の季節を撮影した フォトグラファー・川しまゆうこさんによる、写真展も同時開催いたします(この記事の写真は、すべて川しまさんによるもの)「わら細工 たくぼ」の魅力をより一層お伝えしたいと思い、今年も企画しました。
ぜひたくさんの方にご覧いただければ幸いです。

【 かざる わら細工 】
会期: 2月18日(火)~3月1日(日)
時間:10:30~17:00     会期中無休
※23日(日)は、トークイベント準備のため、16時より設営の準備をさせていただきます。 24・25日(月・火)はワークショップ開催のため、売り場の一部のスペースを縮小しての営業となりますこと、あらかじめご了承くださいませ。