【秋の東北旅 番外編】秋田の中山人形

こんにちは。

ブログの更新がなかなか進まない、東北を巡る旅ですが、
それにもかかわらず、今回は番外編をお届けします。

秋田の「中山人形」はご存知ですか?

僕はさほど詳しくなかったので、これまで知っていたのは
十二支の土鈴や、金太郎から預けられたまさかりを担ぐうさぎ
くらいでした。

 
 

その日は、ちょうどあけび細工の職人さんを訪ねた後だったのですが、
その工房が横手の駅近くにあると知り、立ち寄ってみたところ
すっかりその魅力にはまってしまいました。

その歴史や背景を、中山人形店の5代目、樋渡さんに話を伺いました。

最近では、飾って楽しむ人形となりつつあるそうですが、貧しかった時代には、
こどもの玩具として、とても愛されてきました。
 特に、本物のひな人形がなかなか買えない時代、幼い女の子たちは、
土雛の中山人形をならべて遊んだそうです。

 

店内のケースには、古い中山人形も展示されています。

たくさん手で触って、何度もおとして傷ついたのでしょう。それが、とてもいい
味わいになっていて、魅力がましているように思いました。

個人的には、下の農作業シリーズ?にとても心ひかれたのですが、
残念ながらこの型はもうなくなってしまっているとのこと。

(当時の生活を、そのまま表現した人形が多いのも特色)

そして、型自体が土でつくられていることから、長年にわたって同じものを
作り続ける自体、とても難しいものであるということを知りました。
つくればつくるほど、型がすり減り、すこしずつ大きさをましてくるという話は、
とても興味深かったです。

同じ製品を量産しつづける方法もあると思いますが、手間ひまかけて
作り続けることの価値を再発見したような気がします。

伝統的な中山人形をいくつか購入し、在庫の無いものはいくつか注文をしてきました。
届くのがとてもたのしみです。


 

(題して、「一服」。これも、注文しちゃいました。)

征一郎