かごのある暮らし(北海道 えぞももんが様)

皆さま、こんにちは。朝子です。

お元気でお過ごしですか?わたしは不覚にも風邪をひき、何日か寝込んでしまいましたxxx
その間たっぷりと手仕事に関する本が読めて、それはそれで楽しかったような気もしています。

それはさておき、本日も素敵なお写真をご紹介したいと思います!

今日は、北海道のえぞももんが様のご自宅です。

1枚目は、窓際の喫茶コーナーに置かれたスカンジナビアン・ヘムスロイドの
「ブレッド・バスケット」。 (当該商品はこちらです)
かごのある暮らし

ジャムやドレッシング入れとして使っているそうです。

また、お刺身を食べる時には、しょうゆ・ワサビやお刺身のツマ入れとして、
食卓でもお使いになるそうです。

「汚したくないので、届いてすぐに、底に楕円形の布を敷きました。楕円形の段ボールに
布をくるんだものです。何種類か作って、そのときの気分で取り替えようと考えています。」

グッドアイデアですね!

2枚目には、気になるかごがいろいろ写っています。

かごのある暮らし

「リビングから見た台所の入り口です。野菜入れには、冷蔵庫に入れなくても良い野菜を、
さらに小さい籠で分類して置いています。野菜の数がわかりやすく、
また、楽に使えて便利です。」

手前のエプロン入れのかごは、秋田県角館近くの町で購入。
冷蔵庫の上の竹籠は、お母さまが40年以上前に使われていたものだそうです。

どちらも、とてもいい雰囲気が出ていますね~。

そして最後の1枚は、これまた味のある篠竹のバスケットです。

かごのある暮らし

書斎で、なんと充電器入れとして利用されているそうです。

「携帯、デジカメ、iPodなどの充電器を入れ、コンセントの横に置いてあります。
充電器は案外かさばるものですし、線が絡んだりして見た目がだらしなくなりがちになるので、
出しっぱなしはしたくなく、頻繁に使うものをまとめました。」

これなら味気ない電気機器を上手に目隠しできますね!

今日は実際に取り入れられそうな、参考になるアイデアをたくさんいただきました。

えぞももんが様、大変ありがとうございました~!