再会

引き続き、征一郎です。

宮古市といえば、なんといっても横田かごですね。
今回の旅の一番の目的は、横田かごをつくっているおじいちゃんと再会を果たすこと。

ボランティア終了後に向かったので、遅い時間の到着となってしまったのですが、
ご夫婦揃って、いつもどおりの笑顔で迎えてくれました。

震災の当日から、これまでの4ヵ月の生活。本当につらい思いを経験されながらも、
前をむいて歩んでおられました。

震災後は停電の影響もあり、2週間以上も連絡が取れなかったにも関わらず、
わずか2か月後に、新たに製作した横田かごが届いたときは本当に驚きました。

あれからずいぶん時間が経ってしまいましたが、ようやく直接お会いし、
お礼の気持ちを伝えることができました。

宮古も異常な猛暑が続いているようですが、どうぞお体に気をつけて。
そして、これからもよろしくお願いします。
(お孫さんの活躍している、盛岡中央高校野球部はベスト16入りしましたね。
僕たちも応援しています!)

これからの暑さの厳しい時期は、作り手にとっても籠の製作が
体力的に厳しくなるシーズン。
そして、材料となる竹も水分を多く含むため状態が悪く、
この時期は材料も限られてきます。

当店の品ぞろえも欠品が目立ってきておりますが、作り手の方々には
無理のない範囲で作ったものを送っていただくようにお願いをしています。
引き続きご理解をお願いたします。