【秋の東北旅1】ハヤチネとタイマグラ

こんにちは。

先週末より岩手にやってきています。
日本百名山の一つでもある「早池峰山」にのぼるため、友人4名でやってきました。

一足早い秋の涼しさを期待していたのですが、地元の方も驚くほどの猛暑続き!
滞在中はほとんど毎日、 日中は30度を超える猛暑が続いていました。

登山当日はすばらしい快晴!
鉱物学的にも珍しい蛇紋岩と、高山植物の花々の組み合わせが特徴的な山です。

早池峰山は、今回で三回目の登山になるのですが、訪れるたびにこの環境を守ろうと
熱心に活動されるボランティアの皆さんを目にします。
この日も、駐車場の案内からトレイルの整備、そして今年より本格的に携帯トイレの
義務化に取り組み、その理由と使い方をていねいに説明していました。
(すばらしい取り組みだと思います!)

登りはじめてから約三時間、山頂に到着しました!
頂上から派生する尾根を歩くのは、ちょっとした縦走気分が味わえます。
奥に見える岩場の剣ヶ峰で、しばし休憩を取りました。

(見下せば、宿泊場所のタイマグラを発見!)
 
今宵の宿を見つけた途端、急速にのどが渇き、おなかがすいてしまうのはなぜでしょう。
ちょっぴり急ぎ足で下山を開始!
 

 
(ちょっとスリリングな場所もあり。)
 
無事に下山し、前日よりお世話になっている山小屋、「フィールドノート」に到着。

疲労感はあれどおいしい食事とたのしい話題に、ついつい今夜も夜更かしして
しまうのでした。
 
(釣りの師匠W氏が前日に釣ったイワナ→その後骨酒)
 
まだまだ、旅は続きます。
 
 
征一郎