今年も宮古のさんまが届きました。

こんにちは。

先日の中秋の名月はご覧になりましたか? きれいでしたね~。
しかし秋の気配はするものの、日中はまだまだ暑い日が続いておりますね。

そんな中、今日は秋の味覚の代表!  岩手・宮古のさんまが届いたのです!!

宮古、さんま、と言えば・・・、横田かごですね。
この季節になるといつも、籠の作り手のおじいちゃんが送ってくれるのです。

宮古漁港は、今回の津波で大きな被害を受けていただけに、とても心配していました。
二か月前には、ボランティア活動をさせていただいた場所でもあるだけに、
うれしさもひとしおです。

早朝、水揚げされたばかりのさんま。 その数、20尾!
とても新鮮で刺身に最適。冷凍するのはもったいない。
そこで、ご近所さんや友人を訪ねてまわり、おすそわけさせていただきました。

するとお礼にどうぞと、モロコシやゴーヤをもたされ、しばらく玄関で世間話。
足元を蚊に刺されつつも、物々交換や立ち話ができて、なんだかとても
なつかしくうれしい時間でした。

刺身は、身がこりこりして最高!
焼けば、脂が滴り落ちつつも、さらに丸く膨らんでいくようでした。
残りは、三枚おろしにしてかば焼き用に。開いて塩漬けした後、一夜干しに。

 いや~。今年も堪能しました。
宮古のおじいちゃん、おばあちゃん、本当にありがとうございました。

(今年こそ七輪を導入しますので、これからもお願いします~!)

征一郎