長野旅 その1

皆さま、こんにちは。朝子です。

気持ちよい秋晴れが続いた3連休、どんなふうに過ごされましたか?
きっとそれぞれに充実したお休みになったことと思います。

わが家は、かけ足でしたが長野に行ってきましたよ。

はじめの目的地は、戸隠。

雪深い戸隠は、11月に入ると雪が降りはじめ、足を運ぶのも大変になってきます。
その前に作り手さんにいろいろお話を伺っておきたい、ということで
この機会に足を延ばしたのでした。

秋の行楽シーズンとあって、奥社の入口付近は、いつになくすごい人出でした。

さて、わたしたちは作り手さんを訪ねます。

根曲竹のかごについて、夫がじっくりとお話を伺っている間、
私は待ちきれない娘を連れて、近くの忍者屋敷へ。

その昔、“戸隠流忍術”というのがあったことから、こういう施設ができたそうです。
森の中で忍者気分を満喫した4才児でした。

忍!

名物・戸隠そばは、あまりの混みように、食べそびれてしまいましたが、
森林植物園の木道をちょっぴり散歩して、澄んだ空気と、秋の森を味わいました。


戸隠森林植物園、おすすめです
すがすがしい森



白樺のかけらが落ちていました。


次は、松本へと向かいます。