かごのある暮らし ―山形で見つけたかご編―

こんにちは!朝子です。お元気ですか?

さて、第2回目となりました「かごのある暮らし写真キャンペーン」、
たくさんの皆さまにご応募いただきまして、ほんとうにありがとうございました!

今回は「東北のかご」をテーマに、皆さまの愛用のかご写真を
お寄せいただきました。

地域限定にも関わらず、素材も形もさまざまな、バラエティー豊かなかごが
それぞれのご家庭で活躍している姿を拝見して、
東北のかごの底力というか、手仕事ならではの存在感をあらためて実感しました。

それでは、本日よりお一人ずつ、お写真をご紹介していきたいと思います!

まずお一人目は、山形県にお住まいのMiho様です。

かわいい木のお雛様!
そしてその横にさりげなく置かれた竹のかご。すてきですね。素材は、根曲竹でしょうか。

山形市の「初市」で見つけたものだそうです。

ふっくらした形と、六つ目編みの透けた感じがかろやかで、
とても春らしい空間になっています。

Miho様からのコメントをご紹介します。

「毎年、山形市では年の初めに初市が行われます。
そこではおばあちゃん達の手仕事のアケビの買い物かご、竹細工、ざるや、
このようなかごなどが並びます。

沢山あるなかから、自分のお気に入りをさがすのがとっても楽しいです。
宝探しみたいですよね(^_^)

今回みつけたお気に入りのかご、何にでも合うステキなかごなんです。
今回はお雛様のひなあられやおかしをいれて。」

キッチンに目を移しますと、、、

青森の根曲竹のりんごかご! 

「りんごかごがほしくて、こちら(カゴアミドリ)で購入しました(^_^)

果物をいれたり、パンをいれたり、買い物に行くときにもってでかけ
野菜などをいれるのに使っています。

とっても丈夫でりんごを沢山いれて運ぶこともできるし、
もちろん野菜などもいれてがんがん使えます。
そのままキッチンにおいておいてもさまになるし、とっても気に入っています。
今はパンをいれて使っています。
春になったら、お弁当をいれてピクニックにでかけたいな♪」

そして写真の奥の方には、白樺のかごや、鈴竹の市場かごが写っているのも
見つけてしまいましたよ~。

かご好きのmihoさま、お嬢様とともに、楽しい春をお迎えください。
大変ありがとうございました!