宮城・東松島へ行ってきます。

こんにちは。
今日の東京は、この夏一番の暑さとなりましたね。
涼しくなる夕方の時間が、待ち遠しい季節となりました。

さて、今週の金曜日(7/6)はカゴアミドリは臨時休業させていただきまして、
宮城県の津波による被災地に足を運んできます。

現在、当店で販売している写真家・大西暢夫さんの冊子
「3.11の証言 -心に留める東日本大震災 震災報告Ⅱ-」
の取材が行われた、東松島市小野駅前の仮設住宅を訪問する予定です。

写真 大西暢夫

この場所は、今年の3/20にタネマキドリが主催したイベントの収益(¥93.463)
の寄付先でもあり、かねてから現地に訪問したいと考えていたのです。

そしてようやく今週末、大西さんとスケジュールがあったので、タネマキドリの
メンバーとともに足を運んで参ります。

僕にとって、宮城県の沿岸域ははじめての場所。
この機会に、石巻など他の沿岸域の状況も、この機会に見れたらと考えています。
今回の報告は、後日タネマキドリのブログでご紹介しますね。

なお、今回の新冊子は、前作の「東北沿岸600キロ 震災報告」以上の売れ行きで、
すでに増刷が決定だそう!

カゴアミドリ(イベント含む)の両冊子の販売数も、すでに400部を超えています。
今もなお、経費を除いたすべての金額は、大西さんを通じて被災地の方々へ
届けられています。

この冊子の中で語られる津波の状況や、一瞬の判断を迫られた状況を語った記事、
当時の記憶が薄くなりつつある今、一人でも多くの方に読んでいただきたい内容です。
→ご購入は「こちら」まで。

それでは、後日ご報告します!

征一郎