シナの里をたずねて

先日は、山形と新潟の県境にある、関川に行ってきました。

日頃、取り扱いをしている、独特の編み目模様がかわいらしい「シナの皮」を使ったかごを詳しく知るため、一年ぶりに現地を訪れてきたのでした。

シナの原木

日本各地にひろく自生するシナの木。
その繊維は、ロープの原料にもなるほどの強靭さがあり、縄文時代にはすでに、網や袋、衣類などに利用されるなど、日本人の生活に深く根ざす素材として活かされてきました。

集落の前を流れている清流。
適度な流れがあるきれいな川の水は、
シナの素材づくりに欠かせない条件の一つです。

梅雨の頃に伐採し、幹からはがした樹皮は、まず干してしっかり乾燥させたのち、灰汁で煮たり、糠に漬けたり、川の水にさらしたりといった手間のかかる工程をいくども経て、ようやく繊維が姿をあらわします。ここまでで約半年!

さらにこれを裂いて、束にして撚りをかけ、ひも状にしたものがかご編みの材料となります。

作り手のかたは、現在70代後半。山間部の豪雪地帯に生まれ育ち、暮らしに不可欠な道具たちはすべて、ちいさな頃から見よう見まねで作ってきたといいます。

私たちがこのカゴに興味をひかれたのは、実はこの模様が地域に伝わる伝統的なデザインでは「ない」というところでした。


上部の編みはじめは編み目を詰めて、
下にいくほど徐々に広げるのも独自のアイデア。
一段一段、大きさを確認しながら製作していきます。

アイデアが生まれたのは十年ほど前で、実は近所の食堂で見かけたあるものがヒントになったそう。。。それは、縄暖簾に編み込まれていた模様でした。
「娘と店を訪れるたびに、詳しく観察していたんですよ。」と誕生の秘密を笑いながら語ってくれたのでした。

地域に伝わってきたシナの紐づくりの知恵と手業に、ちょっとユニークな発想が合わさって生み出された、花編みの手提げかご。
伝統的なかごづくりを続けつつも、作り手さんそれぞれの感覚や日々の発見のなかで、新しいかごもどんどん作ってほしいですね!

次回はぜひ、作り手さんとともにこの食堂を訪問したいなあと思っています。