『田口召平の箕とかご 展』はじまりました!

『田口召平の箕とかご 展』 はじまりました!

「太平箕(おいだらみ)」は秋田市の太平黒沢地区に伝わる、イタヤカエデを使った白肌がたいへんうつくしい箕です。

現在、専業の職人として続けているのは、田口召平さんただお一人。16歳より箕づくりをはじめ、65年が経ちました。


(田口さん在店日は、1月12日・3日(土・日)の二日間です)

わずかな道具と、手と全身で作られる田口さんの箕は、端正かつ「馬が乗っても壊れない」と表現される頑丈さ。そして、農具とは思えないほどの美しさを兼ね備えています。

さらにその技を生かして作る「暮らしのかご」の魅力も、本展では、存分に感じていただける内容となっています。

イタヤカエデ、カバ、ヤナギ、シナ、フジ、サルナシ、、、季節ごとに山に入り、最適な素材を見つけだしては採取する田口さん。昨年は、春・夏・秋にそれぞれ同行取材をさせてもらいましたが、そのたびに語られる自然や植物に関する知識の深さに、いつも驚かされました。


(店内では、春夏秋に現地取材した、箕の材料採りの動画をご覧いただけます)

田口さんの箕づくりの動作一つ一つに、植物をうまく利用し、必要な道具にかたちを変えてきた先人たちの知恵と技術が、たくさん詰まっていると思います。

ぜひたくさんの方にご覧いただければ幸いです!

・会期:2019年1月9日(水)~20日(日)
 ※1月14日、15日(月・火)休み
・営業時間:10:30~17:00
・田口さん在店日:1月12日、13日(土・日)
 ※食事、休憩時など、不在となる時間がございます。予めご了承ください。