「松本みすず細工のかごとざる 展」はじまりました!

本日、7月3日(水)より5日間、「松本みすず細工のかごとざる 展」を開催いたします。

会期:2019年 7月3日(水) - 7日(日) 10:30~17:00

長野県・松本市に伝わる「みすず細工」は、細くてしなやかな「みすず竹」を割いて編んだ、さまざまな暮らしのかごやざる。江戸時代から続く松本の伝統産業の一つでしたが、最後の職人・中澤今朝源さんに後継者はおらず、2009年に伝統が途絶えてしまいます。

しかしその二年後、松本市の支援による「みすず細工復活プロジェクト」の立ち上げをきっかけに、2012年には職人を目指す「松本みすず細工の会」の活動がスタートしました。

この企画展では、今年9年目を迎えた「松本みすず細工の会」が製作するかご・ざるを展示販売するとともに、中澤今朝源さんが所有されていた古いみすず細工もご覧いただけます。

また、株式会社 アルプスピクチャーズ さんのご協力により、2011年に撮影された「みすず細工復活プロジェクト」の取材映像を店内にてご覧いただけます。

江戸時代から続いてきた伝統的な手仕事。一度、途絶えてしまった伝統を復活させることのやりがいとむずかしさ。新旧のみすず細工を手に取って、そして映像をご覧いただき、感じ取っていただければ幸いです。

みなさまのご来店をお待ちしております!

【みすず細工の販売について】
販売可能な商品は決して多くはございません。合計18点。ほとんどが一点ものとなりますため、お一人様一点までとさせていただきます。また、ご購入いただきました場合も、会期終了後のお渡しとなります(発送可)。また、旧製品は参考商品となります。あらかじめご了承のほど、よろしくお願いいたします。