ラトビアのヤナギかごを編むーWSを開催しました

ラトビアでかごの工房を営むピーターさん・ロリータさんご夫妻。
来日の機会に、当店でのワークショップが実現しました。

熟練のかご職人であるピーターさん、数年前に初めてお会いした時はちょっぴり緊張しましたが、お話してみると、かごを作るのも人に教えるのも大好きな、とてもやさしいパパさんです。

 

今回は、自家栽培のヤナギをつかって、ちいさなトレイを作ってみましょう、ということで、一枚の板と数十本の細いヤナギの枝から、作業はスタートしました。

ピーターさんの動きをお手本に、一本一本編み進んでいきます。なかなか同じようにはいかないものの、みなさんだんだんと慣れて、リズムよく作業はすすんでいきました。

途中、編みかけのヤナギの枝が林立して、ちょっと幻想的な光景に。

2時間と少しで、無事かわいいトレイが完成しました!

ピーターさんがはじめてかごを編んだのは、14歳の頃だったそうです。お父さんと二人で釣りをしていたその日は、ちっとも魚が釣れなくて、それならば、と、湖畔に生えていたヤナギの枝を採ってきて、お父さんが教えてくれたのが、簡単なかごの作り方だったのだとか。

 

その後、本格的にかごづくりはじめようとしたときには、教えてくれる人が周りにおらず、古い実用書を集めすべて独学で学んだそう。 25年前に夫婦二人ではじめたちいさなビジネスも、いまではラトビアを代表する工房に成長。ピーターさんが直接指導した人たちもあわせて、20人近い職人さんたちと、昔と変わらぬ作り方で製作を続けています。

 

四半世紀を経てもなお、かごづくりを愛してやまない職人ご一家のお話を聞きながら、たのしい手仕事の時間となりました。

お二人の工房の広い庭に並べられた、編みたてのかごたち

 

 

 

スタッフ募集のお知らせ

ただいま、当店では一緒に働いていただけるスタッフを募集しております。

販売を通じて、かごが生み出される背景を学び、文化を継承していきたい。
そんな理念に賛同し、働いていただける方のご応募をお待ちしております。

 

このたびは、ウェブショップでの業務に対応いただけるスタッフを募集しています

 

当店では、通販でもお客様が安心してご購入いただけるよう、正確で迅速な対応を心掛けており、製品の検品や清掃、梱包作業には特に時間をかけて、すべて自分たちの手で行っています。そのため、細かな作業も苦にならず、どの業務についても常にお客さまの視点に立って考え、行動できる方を求めています。

 

また、小さな店ですので、与えられた業務を行うだけではなく、自身の得意分野を活かしてくれる方、日常的な仕事も課題を持って取り組むことができる人物を必要としています。

 

当店の活動に、関心のある方のご応募を心よりお待ちしております。

 

◆勤務日数
・週2~3日(週20時間以内)

◆勤務時間帯
・9:30~17:30(実働 約7時間 )

◆時給  970円~(交通費 1日500円まで支給)

◆応募の条件
・メールでの文章作成が得意な方。 
・お客様や作り手の方の視点に立って考え、行動できる方。

・日々の業務を計画性をもって進められる方

◆勤務地

東京都国立市西2-19-2 第一村上ビル二階(合同会社 weavers)

◆勤務開始時期

7月より(応相談)

 

◆問い合わせ先(応募方法)

E-Mail:info@kagoami.com  TEL:042-505-6563

担当:伊藤

 

履歴書および職務経歴書、志望動機書をメールもしくは郵送ください。

(店舗に直接お持ちいただいても結構です)

書類選考後、面接を実施し、採用決定といたします。

※応募書類はご返却できかねますので、あらかじめご了承ください。

 

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

カゴアミドリ  伊藤

enplus中島さんのおはなし会

2年ぶりの開催となったenplus(オンプリュ)の展示会が終了しました。

 

ケニアに足しげく通い、現地の手仕事を日本に紹介する仕事をはじめて14年になるオンプリュさん。代表の中島志保さんに、お仕事のこと、ケニアのことなどじっくりと聞いてみたくて、5月19日におはなし会を開きました。

オンプリュさんのメインアイテムといえば、カンバ族の女性たちが手掛けるサイザルのバッグ。

 

ケニアの代表的な手仕事の一つで、使うほどになじんでいく風合いが魅力です。オンプリュさんが扱うものは、とりわけシンプルでかわいいデザインが多く、たくさんの方が愛用されています。

 

その製作はすべて手作業。編む工程だけでも1、2週間もの時間を要します。

リュウゼツランの葉から、白い繊維を取り出し、

太ももをつかって繊維に縒りをかけ、丈夫な紐に。

薪で湯をわかし、大鍋の中でサイザル糸を染色。

ようやく、編みはじめます。

それぞれの場所で、それぞれのペースで、
女性たちの手で、こつこつと編み進められていきます。

 

今回おはなしを聞いて、中島さんが年に何度も産地を訪ね、行っている検品~輸送のお仕事にも、想像以上のたいへんさがあること実感しました。

 

生産者から製品を直接受け取ると、その場でひとつひとつチェック。基準に満たない場合は、直せる程度のものであれば、具体的に手直しを指示します。時に数百点ものかごを一日がかりで検品した後は、ものを握る力もなくなってしまうのだとか。

 

はじめての製作依頼をした作り手さんに、半年後に会いに行ってみると、まったく完成していなかったことも。なぜ、と問いただすと「本当にまた戻って来るとは思わなかった」と言われてしまいます。でも、そこでがっかりして終わるのではなく、作り手の信頼を得るにはどうしたらよいか、と次の策が考えられるのが中島さんのすごいところだと思いました。

 

たとえば、作り手の皆さんが暮らす地方の町では、女性らしいスカート姿のほうが好まれるそう。ケニア国内の移動にはパンツ姿の方が快適ですが、スカートやカンガ(ケニア伝統柄の布)を身に着けて行くとみんな喜んでくれるので、と、ちいさなことではあるけれど服装にも気を配っているそうです。

 

「私もずっとこの仕事を続けていくから、一緒にがんばってほしい」と作り手を励ましつづける中島さん。その言葉は、女性たちの心に、たしかに響いているのだろうと感じました。

『頼れるカゴ展』開催中です!

ただいま、今年で6年目となるギャラリーフェブさんにて、
「かご展」を開催中です。

【頼れるカゴ展】
会場:吉祥寺 ギャラリーフェブ
   http://www.hikita-feve.com/next.html
会期:5月19日(土)‐26日(土)
     ※23日(水)休み

今年のテーマは「頼れるカゴ」。

おでかけから、暮らしの中の収納まで、幅広く活躍してくれる
たくさんのカゴが揃いました。

スペースの一部では、秋田の箕職人・田口召平さんによる
太平箕とその技術を応用したカゴが並び、製作過程の動画もご覧いただけます。

今年もたいへん見ごたえある展示となっておりますので、
ぜひお運びいただければ幸いです。

秋田の太平箕 春の材料採り(フジ)

続いて、フジの採取のために里山へ移動しました。

 

まずはじめに必要となるのは、山主さんの許可。
田口さんは、フジのある近くの集落で農作業をしていた方に声をかけ、 その土地を誰が所有しているのか、おしゃべりしながら聞きだしていきます。

 

その際、自分がずっと箕づくりをして生計を立ててきたこと、どんな材料を取りたいのかということをどんな人にもていねいに説明している姿がとても印象的でした。


(お二人とも秋田弁なので、全部は聞き取れませんでしたが)
どの方もとても楽しそうに話していて、あらためて田口さんのコミュニケーション能力の高さを実感。聞き込みをはじめてから三人目で、無事に山主さんにお会いすることができました。

 

ようやく、フジの採取に着手。
フジは他の植物に巻き付いて成長するいわば厄介者なので、人の手により 適度に伐採することで、山にもよい影響があります。 

 

よい材料となるフジの目印は、表面に見える横線の模様。
絡まずにまっすぐ伸びている蔓を選んで、鉈で切り落とします。 


この時期は、樹皮と木質部の間に水分が多く含まれているので、強く叩いて刃を入れると、気持ちよいほどきれいに皮が剥がれます。

うまく剥がれない場合は、歯も使います。


箕に使うのは、皮の部分のみ。


樹皮を剥いだあとのフジの枝は、きれいに束ねて人目につく場所に置いておきます。

 

不思議に思って尋ねてみると、乾いたフジは良く燃えるので、薪ストーブの焚きつけにとても重宝するのだそう。山の中で採取した場合は自然に還すけれど、里では近くに住む人に利用してもらいたい という考えからだそうで、地域の人とのつながりを大切にしている田口さんならではの心遣いだと思いました。

 

そして、今日は思ったより早く作業が終了したということで、ご褒美タイム! 急遽、山菜ツアーに案内いただきました。

山ウド、ホンナ、タラの芽、葉ワサビなどなど、短時間でこれだけの収穫!
手で持ちきれない山菜は、コウゾの木の皮を剥いでロープにして運びました。 本当に豊かな秋田の山の恵みたち。 (この後、田口さんの奥様が豪華な山菜料理を用意してくれました!)

 

次回の素材採取は、8月後半。
ヤマザクラの樹皮の採取に同行しますので、またこちらでレポートいたします。