清水さんとcargoを編むワークショップ

こんにちは。

今日は国立の店舗にて、清水貴之さんによるワークショップを行いました。

かごを編むのは、ほとんどはじめての参加者のみなさんですが、
一日かけて、ちいさな手提げかご(cargo)を編むWSです。

墨田区の教室では、50人以上の生徒さんを抱える講師でもある清水さん。
軽快な関西弁トークで、基本の六つ目編みの説明からスタートしました。

 
手前のかごが、今日つくる予定の製品。

 

 
まずは、図面をみながら、底部分をつくりあげていきます。
おおよそ2時間ほどで、立ち上がり部分まで作業が進みました。
 
お昼は、ご近所さんでもあるtimokeさんのお弁当をお願いしました。
菜の花や、ふきのとう、春キャベツなど、春の雰囲気たっぷりの
カレー&サモサは、みなさんにも大好評でした!
 
 
そして、午後の部に突入。
  
 
底から立ち上げた後は、側面にひごをまわしていき、上部で結びます。

ここまでくれば、あとは持ち手部分を籐で巻いて。。。

完成しました!
 
               
清水さんの作品に並べて撮影。
このまま飾っておいてほしい、見事な出来栄えでした。
 
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!