岡山のかごをめぐる旅(ガマ細工編)

こんにちは。

先日は、岡山に移住した知人の訪問をきっかけに、
同県各地のかご文化をめぐる旅に行ってきました。

岡山には、真竹やいぐさ、ガマを使用した編組品があります。
今回は、それぞれの地域を訪ね、製作の工程を見学してきました。

はじめに訪れたのは、北部に位置する蒜山(ひるぜん)。
鳥取との県境にほど近い、ガマ細工の産地を訪ねます。

「晴れの国」で知られる岡山ですが、ここは西日本有数の豪雪地帯!
訪問時の気温は氷点下、積雪も70cmほどあり、一面の雪景色が広がっていました。

寒かった屋外から、工房に入ると、地元の女性達4人が集まって
作業をしていました。

ガマ細工とは、材料となるヒメガマにシナノキの小縄で編みあげた伝統工芸品。
一説によれば、その歴史は600年以上続いているといわれています。

ガマ製品は防水性に富み雪を防ぐため、この地域では欠かせない必需品でした。
積雪の多い地域では欠かせない、雪靴、蓑や笠などから、
背負いかごや弁当かごなど、さまざま生活の道具が生み出されてきました。

わら細工よりもさらに軽く、あたたかいことも特徴の一つ。
素材自体に艶があるので、見た目の美しさも兼ね備えています。

作り手の女性の一人は、「ヒメガマは油分があるから、ずっと手作業をしてても
肌がつるつるなのよ。」と笑って教えてくれました。

 (よく見ると、内部は中空構造になっています)
 
ガマ細工の製作に不可欠なのが、「コモゲタ」と「ツチノコ」という二つの道具。
コモゲタとは木製の織機のことで、小縄を巻きつけ重しの役目をするのがツチノコです。
 
 
(裏側から覗いたところ)

そして、ガマ細工の出来栄えを大きく左右するのが、小縄作りです。

シナノキはこの土地で、「ヤマカゲ」と呼ばれ、初夏から約四か月の間、
水に浸けて外皮を腐らせ、繊維を取り出しやすくします。

薄い皮を取り出し、細く裂いてから、ようやく縄づくりの作業へと移ります。

(目にも留まらぬ、撚りの業!)

作業中にいろいろ質問をしていても、その手は止まることがありません。

その間も、コモゲタにツチノコがぶつかる「コツ、コツ」という音が、
ここちよく響いていました。 
 

編み終えると、いよいよ仕上げの段階に。
筒状にしてあわせた個所を縄で繕い、底部分と持ち手を付ければ完成です!

 
 

今回拝見した作業は、たいへんな下準備をしてきた長い期間に比べると、
ほんの一部分。

湿地帯に自生するヒメガマは、年々少なくなってきており、刈り取り作業も
すべて女性たちだけで行っているとのことでした。

来年の秋の収穫時は、ぜひ助っ人としてお手伝いすることを約束し、
到着時より雪が深くなったこの場所を、後にしたのでした。

征一郎