白樺から生まれたカタチ

『白樺の木』展、1月11日(土)よりはじまりました。
 
一本の白樺の木を素材に、
多様で、美しいかたちをうみだす、人の手。
 
木の性質を知り、生かすことを考え続けてきた、古来からの営み…。
 
展示された作品群に向き合うとき、
想いは自然と、白樺の森へと飛んでいくようです。
 
 
 
 
 

つややかに美しく、強靭な ユーリさんの白樺かごは、
トートバッグ、ワンハンドルのかごを中心に、
様々なかたちのものが贅沢にならびました。
 
工藤和彦さんの器は、白樺の灰を釉薬にした、
まるで白樺の木そのもののような肌。
 
ぜひお手に取ってご覧ください。
 
展示は19日まで。