【国立店】くまのひでのぶとやわい屋の行商&トーク 2/23~25

2月23日(金祝) ~ 25日(日)
カゴアミドリ国立店
11:00~17:00

トークイベント「やわい屋の日々と飛騨の暮らし」
2月24日(土) 18:00~

 
2月23日(金祝)~25日(日)の三日間、飛騨高山で活動している のらの絵描き くまのひでのぶさんと、手仕事の生活道具を扱う やわい屋さんをお招きした販売イベントを開催します。

昨年6月、くまのさんのアトリエ&ギャラリーにて、当店のイベントを開催いただいたことをきっかけに、今度は国立の店舗に行商に来ていただけることとなりました。

加えて、飛騨方面に行くときはいつも立ち寄るのを楽しみにしている「やわい屋」さんも並んで出店してくださることに。
お二人が運んできてくれる飛騨の空気を、ぜひ感じていただければと思います。

◎くまのひでのぶ(絵の展示と販売)
暮らしとともにある絵画として作品を制作し、個展や行商、絵のワークショップで各地にて活動。2022年に飛騨高山に自宅兼アトリエギャラリーを構え、店舗のない流しのカレー屋「きむくまカレー」としても活動しています。

◎やわい屋(民藝の器と生活道具の販売)
飛騨高山の山間の集落に移築再生した古民家で、各地の作り手の器や生活道具を扱う小さな民藝店。日常使いのうつわや、飛騨の作り手が手掛ける暮らしの道具、自費出版の書籍などをお持ちいただきます。



24日(土)は、やわい屋店主 朝倉圭一さんによるトークイベントも予定してします。
『やわい屋の日々と飛騨の暮らし』をテーマに、民藝にまつわるお話や飛騨の伝統的なものづくり、作り手や隣人たちとのかかわりについて、たっぷりとお話を伺います。


トークイベント「やわい屋の日々と飛騨の暮らし」
日時:2月24日(土) 18時~19時半(17時半開場)
場所:カゴアミドリ国立店
参加費:1,500円(飛騨のお茶とお菓子付き)

ご希望の方はメールにて「info@kagoami.com」まで。
タイトル「2/24(土) トークイベント」として、ご氏名、電話番号、人数をお知らせください。


 
以下は、やわい屋 朝倉圭一さんからのメッセージです!
みなさまのご参加をおまちしております。

「初めまして、岐阜県高山市で築150年の古民家を移築再生して工藝店「やわい屋」を営んでいます朝倉と申します。今回ご縁をいただき7年ぶりに東京へ行商に伺えることになりました。東京から近所に越してきたくまの君の作品展の隣で出店させていただきます!

飛騨のひんやりとした空気を東京にお持ちできたらと思っております。
やわい屋は民藝店と呼ばれるカテゴリーのお店です。民藝ってなにさ?と言うお話は当日行われるトークイベントの中で触れることにしますが、日常使いの良い意味で普通の飽きがこない食器類を中心にした品揃えのお店です。

今回、飛騨の作り手のものをと思い、普段からお付き合いのある作り手の皆様のものを中心に、近隣の世代の近い作り手の作品を並べる予定でおります。
飛騨からは、今や全国的な人気の『安土草多さんの硝子』、有道杓子の端材を用いて作られる飛騨の妖怪『雪入道』、愚直な仕事が心地よい『木村君の匙』、地元で愛されている『中谷製麺所の乾麺』、そして僕自身が頼まれてもないのに書いた自費出版の本などを持っていこうと思います。
県外にはなりますが、近隣で制作をさている作り手として、愛知県の『瀬戸本業窯』、長野県の『ヤマジョウ』二つの窯の仕事を中心に、普段から店頭で取扱させていただいている作品を連れていこうと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

やわい屋は山奥の小さなお店で、珍しいものや希少なものは店頭に並んでいません。取扱の作家の人数も非常に少なく、成長がないお店だとよく言われます。僕の考え方は開業当時から変わっていません、それはこんな感じです。例えば手持ちに100万円の仕入れ資金があったとして、10人の作り手を扱えば1人にお支払いできる金額は10万円になります。それが5人なら20万円、2人なら50万円を渡すことが出来ます。広く浅くではなく狭く深い交流をする為に僕はこの仕事を選んだのだと思います。日々の過ぎ去る速度に振り落とされないように働く、よく言えばスローライフですが、単に世間についていけない言い訳です。

確かに新しい作り手をどんどん紹介することには意義があります。後身を育てる意味もあるでしょう。しかし、山奥の小さな店でそれを行うことに僕は意義を見出せません。そういったことは大きな市場が存在する都市部の役割だと思います。僕は、心から信頼できる心の距離の近しい皆様の作品を預からせていただいてコツコツ時間をかけてそれを求めている人に配ることがやわい屋の営みだと考えています。・・・なんだかかっこいいことを言いましたが代わり映えのない地味なお店で有り続ける為の言い訳です。

派手で移り変わりの早い日常に疲れたなぁと感じる方がおられましたら是非足をお運びください、店頭でたくさんお話しをしましょう。心からお待ちしています!」

 

ARCHIVE