熊本の竹細工職人 城戸繁延さんの手による、青竹のかごです。

透かし編み、あげ底の仕様で仕上げた竹かごはとても通気がよく、
食器の保管や移動をはじめ、キッチン周りの収納に最適です。

ストンとまっすぐなシルエットが心地よい、丁寧なつくりの楕円のかご。

お気に入りの器の定位置として、あるいはパンや果物を載せて
日々さまざまにお使いいただけることと思います。







長い年月を経て磨き上げられてきた実用本位の形は、
頑丈を旨として美しく、城戸さんは地元に伝わる技法や形を
丁寧になぞった青竹細工により、日本民藝館の平成28年度の
「日本民藝協会賞」を受賞されました。

良質の真竹が豊富にそだつ九州は、竹細工の文化を
国内でもっとも色濃く今に伝える地域の一つ。

土地ごとに多彩な竹文化が残るなか、
熊本では主に、農具や漁具など日々の暮らしに密着した
青竹のかご作りが脈々と受けつがれてきました。

作りたての緑色は、半年から1年ほどかけて、徐々に淡い茶色へと
変わり、年月とともに深まっていきます。

熊本 真竹 茶碗かご

価格: ¥9,500 (税込 ¥10,450)
数量:

返品について

材質 真竹
サイズ 上部 約31x23cm、
高さ 約14-15cm (内深 約10-11cm)
生産地 熊本県
ギフト包装 不可の商品となります。
 

ご購入の前にご一読ください

  • 多少の割れやササクレが見られますので、お使いの際にはお取り扱いにお気を付けください。
    また、竹の表面に、天然の黒ずみや色ムラ、薄い膜などが見られることがあります。
    青竹素材の性質としてご理解ください。
  • 風通しのよい場所で、乾燥した状態でご使用ください。(濡れたまま放置しますと、変質の原因となりますのでご注意ください。)
  • お届け時の製品の色合いは、一つ一つ微妙に異なります。またお使いいただくとともに、徐々に緑が抜け、茶色へと変化していきます。
  • サイズ・重量は、一点ずつ、多少の差がございます。表示のサイズは目安とお考えください。

お客様の声

めぐ様 投稿日:2019年12月28日
おすすめ度:
2人家庭に丁度良いサイズです。写真で見るよりは、小さい感じでしたが、楕円形は使い易く邪魔にならないし、お洒落です。私の知識不足で1週間ずっと使いっぱなしにしていたら、カビが生えてぬるぬるしてました。ネット検索すると、風通しが良い場所で使用後はしっかりと水気を拭いて乾燥させないといけない事を知りました。除菌剤でカビを取り洗ってから干して乾燥させると綺麗な状態に戻りました。 籠製品を良くご存知な方に取っては、常識的な事だと思います。でも、私のように知らない人とおられると思いますので、乾燥が大切である事を書き留めて残しておきたいと思いました。 一つお勉強になりました。大変気に入ってます。おばぁちゃんになるまで、ずっと大切に使用させて頂きます。

熊本 真竹 浅かご (四角-大)

¥10,500(税込 ¥11,550)

熊本 真竹 なばかご

¥8,600(税込 ¥9,460)