ホウライチクで編む、沖縄伝統の竹かご。

「布(ウー)バーラ」は、琉球の時代から沖縄の人々が
身に着けていた「芭蕉布」を織る際に、撚った芭蕉の繊維を
ためておくのに使われた、とてもかろやかなかごです。

ウーは「糸」、バーラは「腹」の意味だそう。
風通しのよい透かし編みと、ふっくらとした
足つきのシルエットが特徴です。

この伝統の竹かごを、今も職人として専業で作り続けているのは、
沖縄県の工芸認定士であり、琉球竹細工の第一人者、
津嘉山寛喜(つがやま かんき)さんです。








ほそく丁寧に整えられた竹ひごは、手ざわり滑らか。
引っ掛かりが少なく、布類の保管におすすめです。


津嘉山さんは、竹細工が盛んな北谷町に、竹細工を家業とする
家の3代目として生まれました。幼いころから父親の仕事を手伝い、
40才を前に本格的に入門。沖縄の伝統的な竹細工の技を
みっちりと身につけてこられました。

琉球竹細工を次の世代へとつなげるために、いまも幅広い
活動を続けています。

沖縄 ホウライチク 布バーラ (中)

価格: ¥20,000 (税込 ¥22,000)
数量:

返品について

材質 ホウライ竹、ワイヤー(芯材の固定用)
サイズ 最大部直径 約33cm、
上部直径 約24cm、
高さ 約20cm (内深 約15cm)
生産地 沖縄県
ギフト包装 不可の商品となります。
 

ご購入の前にご一読ください

  • 本製品は天然の竹を使った、昔ながらの実用のかごです。竹の表面には、色むらや黒ずみ、
    小さな割れ等の箇所が見られます。素材の特性としてご理解ください。
  • お届け時の製品の色合いは、一つ一つ微妙に異なります。またお使いいただくとともに、
    徐々に茶色へと深まっていきます。
  • サイズ・重量も、一点ずつ、多少の差がございます。表示のサイズは目安とお考えください。
  • 風通しのよい場所で、乾燥した状態で保管してください。