大分県・湯布院の工房「竹聲館」による、両持ち手の整理かごです。

ゆったりと横に広い、舟型のシルエット。
良質の竹に 丁寧に面取りをほどこして編んだかごは、
手ざわりも心地よく。

衣類の置き場として、またタオルやブランケット入れなどにも
適しています。

すみずみまで端正な仕上がりで、リビングや寝室など
暮らしの空間を清々しく整えてくれる一点です。



六角形の模様を亀の甲羅に見立てた「亀甲編み」は、
古典的な編み方の一つ。



持ち手と縁巻きには籐を用いています。





底の角にも、保護のために、籐を巻き上げています。
底面は丸みを帯びており、置いた時 多少の揺れが見られます。






工房を営むのは、高見八州洋さん・綾子さんご夫妻。
お二人の手掛ける竹細工は、丈夫で実用的なつくりでありながら、
独自のデザインとたたずまいを備えています。

八州洋さんは、この道40年を超える竹工芸家。大分県を代表する
竹クラフト作家のおひとりで、個展の開催や公募展での受賞歴を
重ねてこられました。

綾子さんは、八州洋さんとご結婚後、別府の竹工芸訓練センターに
通い技術を学んだそうで、以来ご夫婦での活動を続けています。

大分 亀甲編み 整理かご

価格: ¥41,800 (税込 ¥45,980)
数量:

返品について

材質 真竹、籐
サイズ 上部外寸 約50×31cm、底内寸 約27×14cm、
高さ 約20-21cm (+持ち手 約8cm)
重さ 約 500g
生産地 大分県
簡易ギフト対応 不可の商品となります。
 

ご購入の前にご一読ください

  • 天然の植物を利用した製品です。素材の一部に小さなキズやササクレ等が見られる場合がございます。特に縁巻の籐は、表皮の剥がれや色むらの見られる素材となります。あらかじめご理解くださいませ。
  • 底面は丸みを帯びており、置いた時 多少の揺れが見られます。
  • 直射日光を避け、風通しのよい場所で、乾燥した状態でご利用ください。(湿度の高い場所に放置しないようご注意ください。)
  • 色味は、経年により少しづつ深まっていきます。