世界の手編みかごを紹介するオンラインショップです。
自然と寄りそい、文化を伝える、かごのある暮らしをお届けします。



  

かろやかな透かし編みで仕上げた、ワンハンドルの四角いバスケット。
大分県の杵築(きつき)市に工房をかまえる竹細工作家、
児玉美重さんの手によるものです。

ふっくらと丸みを帯びた正方形の籠に、一本の持ち手を取り付けた
この形は、真竹と籐、ふたつの素材の特徴を活かして編み込まれています。
それぞれの経年変化の過程も楽しみながら お使いいただければと思います。

ピクニックなどおでかけ用のバスケットとして楽しめるのはもちろんのこと、
スクエア型は収納かごとしても使いやすく、汎用性の高さが特徴です。

どこに手を触れても、とてもなめらかな手ざわり。
細部まで目をゆきとどかせた、児玉さんのかご作りへの姿勢が伝わってきます。










時間とともに味わいが深まり、最後には土に還っていく竹。
児玉さんは、その素材としての魅力と、編みの美しさに惹かれ
竹工芸を学ぶために、大分に移り住んだそうです。

別府で竹籠作りの基礎を学んだ後、杵築の地に根をおろし
工房を構えました。
女性らしい細やかな視点と、暮らしの中への取り入れやすさを
意識した作品が魅力です。


大分 真竹 四つ目バスケット

価格: ¥27,000 (税込 ¥29,160)
数量:

返品について

材質 真竹、籐
サイズ 上部 約29x29cm、
高さ 約17cm (+持ち手部 約10cm)
重さ 約300g
生産地 大分県
ギフト包装 不可の商品となります。
 

ご購入の前にご一読ください

  • 天然の植物を利用した製品です。素材の一部に黒ずみや表皮の剥がれ、小さなキズやササクレ等が見られる場合がございます。天然素材の性質としてあらかじめ何卒ご了承くださいませ。
  • 風通しのよい場所で、乾燥した状態でご使用ください。(湿度の高い状態で放置しないようお気を付けください。)
  • お届け時の製品の色合いは、一つ一つ微妙に異なります。 またお使いいただくとともに、徐々に淡い茶色へと変化していきます。