岡山県倉敷市で作られている、い草のかご「いかご」です。

カジュアルな装いにもよく似合う、ロータイプに仕立てた一点です。
マチが広いので、置いた時の安定がよく、手荷物の出し入れが
しやすいのが特徴。男性の手にもよくなじむことと思います。

かつて い草の一大産地として知られた倉敷。
「いかご」作りの伝統は現在、創業130年「須浪亨商店」の
若き5代目職人、須浪隆貴さんの手に受け継がれています。

祖母から譲り受けた古い織り機を駆使して、
すがすがしい い草のかごを世に送り出している須浪さん。

基本的なつくりは昔のままに、持ち手の耐久性を高めたり、
縦横比を変えて用途別のデザインに仕上げるなど、
今の暮らしに寄りそうための工夫とこだわりが詰まっています。



底マチは、広めの15センチ。たっぷり入って、荷物の出し入れもしやすい形。










ひと織ひと織、手作業を重ねる須浪隆貴さん。



い草を数本ずつ束ねて撚りをかけ、縄にしたものを、
専用の織り機をつかって縦横に織りあげていきます。


縁編みの内側。



底マチの折り返し部分は3センチほどの厚みがあります。


使い初めからしばらくの間は、畳に似たさわやかな香りがつづきます。

浅い緑色はすこしづつ淡い茶色へと変化し、
使い込むほどにツヤと手ざわりの良さが増していきます。


<倉敷のいかご>
倉敷近郊で干拓が進み、い草の栽培が始まったのは、今から300年ほども前、
江戸時代の半ばのことだったそうです。
以来この地には「花ござ」づくりの伝統が育まれてきました。

い草はまた、かごの素材としても重宝され、強度をあげるために
撚って縄にしてから編む、という製法が、少しづつ発展してきました。

「いかご」とは、いぐさの縄を、専用の織り機でシート状に織りあげ、
これを手作業でかごの形に成型し、持ち手を付けた手提げかごのこと。

戦中戦後の買い出し用の「闇かご」として、倉敷近辺で広く使われるように
なり、一時は国内の各地にも出荷されていたようです。

現在、いかごの製作を続けているのは、須浪亨商店のみ。
倉敷の伝統が息づく暮らしの道具です。

岡山 倉敷 いかご ロータイプ

価格: ¥10,000 (税込 ¥11,000)
数量:

返品について

材質 い草 (国産)
サイズ
(外寸)
上部 約 34x17cm、
高さ 約22cm (+持ち手部 約11cm)
重さ 約 400g
生産国 日本 (岡山県)
ギフト対応 承ります。 ギフト対応について
 

ご購入の前にご一読ください

  • 本製品は植物を利用した製品で、天然の色ムラ、ささくれ等が見られる場合がございます。
    天然素材の製品の風合いとしてご理解いただいた上で、ご購入いただければ幸いです。
  • お届け時の製品の色合いは、一つ一つ微妙に異なります。またお使いいただくとともに、徐々に薄茶色へと変化していきます。
  • 手作りのため、サイズ・重量も一点ずつ多少の差がございます。表示のサイズは目安とお考えください。
  • 風通しのよい場所で、乾燥した状態で保管してください。 (湿った状態で放置しますと、変質の原因となりますのでご注意ください。)

お客様の声

リリリィ様 投稿日:2020年07月16日
おすすめ度:
キッチンに置く食材入れのカゴとして愛用しています。長方形で形がしっかりしていて、網状で中が見えやすいカゴをずっと探していて、やっと巡り合えました。キッチンがすっきりしますし、キッチンにいながら井草の香りがしてきて、まるで和室にいるようにほっと癒されます。貴重な日本文化として、井草のカゴを長く作り続けていただきたいです。