愛媛・松山にて竹細工を手掛けている 松田由紀さんによる
角物のかごです。

カッチリと四角い箱型のつくり。
ふたや持ち手も取り付けられる「角物」(かくもの)は、
九州地方で広く作られてきた竹細工の種類の一つです。

その伝統的な技術を学んだ松田さんが作る、ふた付きのかごは、
堅牢な実用性と、細やかな美しさを兼ね備えています。

浅型のふた付きかごは、文箱のような風雅な一点。
シンプルなつくりから、竹の美しさがストレートに伝わってきます。
大切な書類や手紙の保管、またお裁縫箱などにも便利です。












MとLは入れ子になります。

並べたり、重ねたりしてお使い頂く場合にも、使い勝手はもちろん
目にも馴染みのよいバランスに仕上げられています。


2019年に別府の竹工芸訓練センターを修了後、修業期間を経て
出身地の松山に工房「竹葉(ちくよう)」を立ち上げた松田さん。

白竹の清涼感や、シンプルな存在感を大切にすることを意識
しながら、日常にさり気なく寄り添うようなかごを作りたいと
語っています。


<角物のかご>
十数種類もの竹の部品を正確につくり、組み上げていく角物づくり。
「角物師」という呼び名が存在するほど、専門的な技術と熟練が
求められます。その技は、明治の頃に九州に伝わったといわれているそう。

まずは、素材となる竹の節間の長さや節の位置、堅さや湾曲の
度合いなどを細かくチェックしながら、各パーツに最適な部位を選び、
割り当てていきます。

それぞれ幅や厚みを整えて、長いパーツ、幅広のパーツから順に
部品を仕上げます。竹ひごに熱を加えて直角に曲げる「火曲げ」も、
この段階で行います。

出来あがったパーツを蓋、本体の順に組み上げ、縁部分を仕上げたあと、
持ち手や丁番を付けて完成です。

職人たちの技に支えられ、今日まで受けつがれてきた角物のかご。
今なお、暮らしを潤す道具として広く愛されています。

愛媛 真竹 長方 (浅 M)

価格: ¥11,500 (税込 ¥12,650)
数量:

返品について

材質 真竹(留め具: 真鍮、補強のため一部に接着剤を使用)
サイズ 外寸 約25×18cm、本体内寸 約24×16cm、
高さ 約11cm、本体内深 約7cm
生産地 大分県
簡易ギフト対応 承ります。 簡易ギフト対応について
 

ご購入の前にご一読ください

  • 天然の植物を利用した製品です。素材の一部に小さなキズや色ムラ、ササクレ等が見られる場合がございます。
  • ふたと本体の間には、多少の隙間やずれが生じます。また、角の部分には火曲げによる焦げ跡が見られることがあります。竹製品の特徴としてあらかじめ何卒ご了承くださいませ。
      
  • 直射日光・高温多湿を避け、風通しのよい場所でご使用ください。
  • 色味は、経年により少しづつ深まっていきます。

愛媛 真竹 長方 (浅 L)

¥16,000(税込 ¥17,600)