宮崎県の高千穂郷に、「注連縄(しめなわ)」作りの技とともに
根付いてきたわら細工。季節を問わず、お好きな場所に飾っていただける
縁起物のお飾りです。

制作は、日之影町で創業60年以上の「わら細工たくぼ」さん。
3代目の甲斐陽一郎さんを中心に、田植えから刈り取り、仕上げまで、
一貫して手掛けています。

「祝結び」は、しっかりとつながり合うその姿から、
結婚のお祝いや結納の品として使われることの多い形。

一度結ぶと簡単には解けない結び方に、家内安全の願いも
込められた、縁起のよいお飾りです。







祝結びは、ねじる方向の異なる「右綯い」の縄と「左綯い」の
2本の縄を必要とします。

右利きの場合、右綯いは理にかなった動きで作業性がよいと
言われており、昔ながらの草鞋や農作業のロープがわりの縄など、
生活用具に使う縄は、ほとんどが右綯いで製作されています。

一方左縄は、日常の縄とは異なる特別な縄ということで、
しめ縄などの神聖なものはあえて左綯いにするのが全国的な風習です。

まったく逆の動きで同じ太さの縄を綯いあげていくには鍛錬が必要
ですが、右縄と左縄を組み合わせることで、美しい模様が浮かび
上がります。


【「わら細工たくぼ」のわらのこと】



「わら細工たくぼ」が工房をかまえる宮崎県の高千穂郷は、
急峻な山あいに棚田がひろがり、山間地特有の稲作文化が残る地域。

「天の岩戸」の物語の舞台ともいわれる神話ゆかりの地でもあり、
注連縄(しめなわ)や、わらのお飾りを大切に飾る風習が残っています。

たくぼさんでは、すべてのわらを自分たちの田んぼで育てています。

平地での稲作に比べると、傾斜地の棚田では、大型の重機が使えない
ことなどから、多くの人手がかかりますが、たくぼのメンバーが
一丸となり、愛情をもって育てています。



すがすがしい緑色のわらは、「青わら」と呼ばれる、特別なわら。

お米が実る前、8月の暑い盛りに刈り取りが行われます。
光沢があって美しく、さわやかな芳香をもつ素材となります。



秋には2度目の収穫を行います。

お米を実らせた秋の黄色いわらは、太くて丈夫。稲穂や根っこを
利用したお飾りや、鍋敷きなどの生活道具に使用する素材となります。

乾燥後のわらは、上質な部分だけを選りすぐり、部位ごとに
切りそろえていきます。制作前の下準備だけでも、何段階もの
作業があります。





わら細工たくぼの活動は、この地域に伝わる伝統をつなぐとともに、
地元に雇用や世代間の交流の場をつくり、次世代に棚田のある風景を
残していくことにもつながっています。



「綯い」や「結び」の文化をたしかに受け継いだ、力強く美しいお飾り。

古くてあたらしい たくぼのわら細工は、時と場所を選ばず、
長く寄り添ってくれる暮らしのお供です。

◎ 作り手インタビュー「わら細工と生きる

(現地の写真はすべて 川しまゆうこ さん)


【わら細工製品の包装について】
本製品のお届け時は、新聞紙にて全体を覆って保護し、ガムテープで箱に
固定することで緩衝材の削減を行っております。
新聞紙以外の紙をご希望のお客様はお知らせください。


宮崎 わら細工たくぼ 祝結び (中)

価格: ¥11,000 (税込 ¥12,100)
数量:

返品について

材質 稲わら
サイズ 横 約45cm、縦 約45cm(+掛紐部分 約8cm)
結び部分 約26x24cm
重さ 約400g
生産国 日本 (宮崎県)
簡易ギフト対応 不可の商品となります。
 

ご購入の前にご一読ください

  • 本製品は天然の植物を利用した手作りの製品です。多少の折れや割れ、色ムラ等が見られる場合がございます。 天然素材の性質としてご理解ください。
  • 大きさや仕上がりの形状は一点ずつわずかに差がございます。表示のサイズは目安とお考えください。
  • 製品の色合いは、時間とともに、作りたての緑から茶色へと徐々に変化していきます。
  • 乾燥した、風通しのよい場所で保管ください。また直射日光は変色の原因となりますのでご注意ください。

お客様の声

宮崎県民様 投稿日:2023年05月09日
おすすめ度:
お品を購入する際に、宮崎県西臼杵郡日之影町で制作されているとわかりました。遠く離れたショップで同じ宮崎県の伝統工芸品を購入するなんてで感動しました。
迅速に対応していただき、丁寧に梱包されていました。
ありがとうございました。
satowa様 投稿日:2023年01月11日
おすすめ度:
とても素晴らしい出来です。思ったより大きくて驚きましたが存在感があって素敵に玄関を飾ってくれています。なかなか手に入らないので、再販になったら即、購入をおすすめします。
おさる様 投稿日:2022年02月23日
おすすめ度:
土間玄関の正面に存在感もサイズもぴったりでした。わが家の家内安全を願うシンボルになりました。日本の風習、手仕事の素晴らしさを日々感じられそうです。
もっと見る