東北地方の山深くで採取された やまぶどうの皮を使った手提げかご。
編み組細工の盛んな、福島・三島町の熟練の作り手によるものです。

ワイルドな素材を時間をかけて整え、網代編みでかっちりと組み上げた一点。
長く丈夫にお使いいただける、おでかけのかごです。

厚手の木綿布を使った内布、そして中身を目かくしするための
蓋が縫いつけられています。

当初の明るい茶色は、使い込むにつれ、徐々に深みと光沢を増していきます。











蓋布と、内ポケットがついています。








雪深く、編み組み細工が盛んな土地柄として知られる福島県の奥会津地方。

やまぶどうの樹皮は、大変しなやかで丈夫なかご素材のひとつとして、
この地域で盛んに利用されてきました。

標高の高い深山に自生するつる性の植物で、高い耐久性をもち、
昔は山仕事の道具入れなどが多く作られたそうです。

その魅力は、長く使い込むほどに、深いつやと風合いを増していく
独特の素材感。世代を超えて使い込んでゆく楽しみのある素材です。

樹皮が採取できる季節はみじかく、数も減っていることから、
今ではたいへん貴重な素材となっています。

福島 やまぶどう 手提げ

価格: ¥90,000 (税込 ¥99,000)
数量:

返品について

材質 ヤマブドウ樹皮
サイズ(外寸) 上部 約34×12cm、
底内寸 約30×10cm、
高さ 約22cm (+持ち手部 約12cm)
重さ 約 600g
生産国 日本 (福島県)
簡易ギフト対応 不可の商品となります。
 

ご購入の前にご一読ください

  • 本製品は天然の樹皮を利用した手作りの製品です。外皮のはがれや割れ、節部分のゆがみや小さな穴等が見られる場合がございます。素材の特徴としてご理解くださいませ。
  • 使い始めは、外皮がすこしづつ剥がれ落ちることがございます。使い込むとともに徐々に収まり、つやが増して深い色合いへと変化していきます。
  • 製品の色合いやサイズは、一点一点微妙に異なります。写真、表示の情報は目安とお考えください。
  • 高温多湿を避け、風通しのよい場所で保管してください。