茨城県・行方市の竹細工職人、勢司恵美さんによる竹細工です。

地元の竹林で選んだ竹を伐りだし、運び、洗い、割り、ひごにする、
その全ての工程を独力で行っている、数少ない女性職人のお一人です。


「ヨコタ」といえば、太平洋の港町で活躍した魚の運搬かごを
思い浮かべる方もいるかと思いますが、霞ヶ浦と北浦に挟まれた
行方では、主にワカサギ漁に使われたかごのことを「ヨコタ」と呼ぶそう。

舟からの水揚げには、もっと大きなサイズを使用していたそうですが、
こちらは、地元の水産会社からの依頼によりつくりはじめた業務仕様。

ワカサギの佃煮を加工する際に必要不可欠なもので、鍋からあげる際には
竹のものが一番なのだとか。
使い込まれた古いヨコタを見本に、「やっぱりこのかごでなくては」
という声に応えました。

勢司さんの手によりよみがえったヨコタは、脱衣籠やタオル入れ、
手荷物置きのかごとしてもおすすめです。












<勢司さんの竹細工>
1978年、茨城県行方市生まれの勢司さんは、地元で採れる自然素材を
つかったものづくり、土に還るものを作りたいという思いから、
竹細工を志したそう。

大分県の竹工芸訓練支援センターで学んだ後、地元茨城で独立。
地元のベテランの職人さんの手ほどきも受けながら、すでに10年以上の
経験を積んできました。

得意としているのは、青竹のかごが必需品だった時代の面影を残す、
はたらきものの「かご」や「ざる」。
手ざわりのよさ、使い心地のよさを大切にした、しっかりとした
編み上がりの竹かごを制作しています。

九州で学んだ技に加え、太平洋と霞ケ浦に挟まれた茨城・行方に
しかないかごづくりも、もっと伝えていきたいと語ってくれました。

茨城 真竹 ヨコタ

価格: ¥19,000 (税込 ¥20,900)
数量:

返品について

材質 真竹、孟宗竹
サイズ 上部外寸 約51×42cm、
底内寸 約38×25cm、
高さ 約16-17cm
生産地 茨城県
簡易ギフト対応 不可の商品となります。
 

ご購入の前にご一読ください

  • 天然の植物を利用した手作りの製品です。多少の割れやササクレが見られますので、お使いの際には
    お取り扱いにお気を付けください。また、竹の表面に、天然の黒ずみや色ムラ、薄い膜などが
    見られることがあります。青竹素材の性質としてご理解ください。
     
  • 風通しのよい場所で、乾燥した状態でご使用ください。(濡れたまま放置しますと、変質の原因と
    なりますのでご注意ください。)
  • お届け時の製品の色合いは、一つ一つ微妙に異なります。またお使いいただくとともに、徐々に緑が
    抜け、茶色へと変化していきます。
  • サイズ・重量は、一点ずつ、多少の差がございます。表示のサイズは目安とお考えください。