世界の手編みかごを紹介するオンラインショップです。
自然と寄りそい、文化を伝える、かごのある暮らしをお届けします。



長野県に伝わる「松本箒」の三代目職人、米澤資修さんによる箒です。

穂先が長くしなやかな「ホウキモロコシ」の箒は、
畳やフローリングのお部屋のお掃除に、たいへん適しています。

毎日のちょっとしたおそうじに、取り回しのよいサイズ感。
柄の長さは、片手での作業を想定しており、穂先もやや斜めに
カットされています。

良質のホウキモロコシを選び、細部まで丁寧に仕上げた、
シンプルなデザインが美しい手ほうきです。








「柄」には、長野県内の木工職人さんを通じて手配している
無垢の木を使用。本品には「タモ」材が使われています。




松本箒の歴史は江戸末期にはじまります。農閑期の副業として
地域に定着し、最盛期には120戸以上がたずさわっていた時期も。

米澤さんは、二代目であるご両親とともに、ホウキモロコシの栽培から
箒の製作まで、すべてご自身の手で行っています。

5月に種を蒔き、8月に収穫、脱穀、乾燥、質を見極めながらの
選別作業、、、と素材づくりには膨大な時間を要しますが、
質の高い箒がうまれる秘訣の一つはそこにあります。


<ほうきのこと>
「ほうき」は、「ははき」(羽掃きあるいは葉掃き)から来ているそう。
すでに古代中国に「帚」の字が見られるほど、古くから存在する道具です。

日々の清掃具であると同時に、日本では「掃き清める」という神聖な
意味合いをまとい、儀礼の場面に登場したり、お掃除そのものが
神さまを迎える準備と考えられたりして、深く文化に根付いてきました。

長く使えて、作るにも使うにも電気が要らず、
農薬も使わずに土地を受け継いでいくことのできる箒。
今の時代にこそ、見直したい道具の一つです。

【お届けについて】
本品の価格には、1本あたり1296円の送料が含まれています。(北海道の場合は+300円、沖縄は+1500円となります。)
また、他の製品との同梱はできません。複数ご購入の場合には、個数分の送料がかかります。
段ボール箱ではなく、緩衝材と厚紙で保護した梱包にてお届けいたします。
あらかじめ何卒ご了承くださいませ。


長野 松本箒 手ほうき (タモ/白糸)【送料込】

価格: ¥14,700 (税込 ¥15,876)
数量:

返品について

材質 ホウキモロコシ
柄:タモ
サイズ
(外寸)
全長 約82cm (本体46cm+柄36cm)
横幅 約25cm
重さ 約300g
生産国 日本 (長野県)
ギフト包装 不可の商品となります。
 

ご購入の前にご一読ください

    箒のお取り扱いについて
  • 天然素材をつかった手作りの製品となります。一点一点多少の個体差があります点、
    あらかじめご了承ください。

  • 保管の際は、よく乾燥させ、風通しのよい場所に吊り下げた状態で保管してください。
    高温多湿の状態で放置しますと、カビ等が発生することがございます。
    湿気が気になる時には、陰干しを行ってください。

  • 穂先をまっすぐに保つことが、長く使う秘訣です。使っているうちに穂先が曲がってきた場合は、
    軽く水に浸して直すことができます。飛び出した穂はカットしてください。

  • 穂先の汚れが気になるときは、水洗いも可能です。その際は飾り糸より上は
    濡らさないようお気を付けください。