イタヤ細工 おぼけ

イタヤカエデの若木をていねいに削って編み上げる、
秋田県角館の「イタヤ細工」のかごです。

おぼけを漢字で書くと「苧桶」。「苧(お)」は麻の一種で、
つまり、麻糸を手で一本一本つむぐ際につかった容器のこと。
麻糸づくりに欠かせない道具でした。

そのせいでしょうか、手仕事の場面によく似合うかごです。
手元に置いて、お裁縫道具や端切れ、毛糸玉などをひとまとめに、、、。







仕舞ったり運んだり、思いがけない所に
活躍の場が見つかるのも楽しみのひとつです。


<角館のイタヤ細工>
歴史ある武家屋敷が立ち並び、東北の小京都と呼ばれる角館。

樺細工が高級な工芸品として発達した一方、農家の間ではこのイタヤカエデを
使ったかごが、素朴な暮らしの道具として伝わってきました。

竹製品やつる細工が多い日本のかごの中では珍しく、樹木の割材を使って
いるのも特徴の一つ。

良質な木を慎重に選び、丸太を割るところから作業ははじまります。
幅を一定に揃えたら、年輪に沿って一枚一枚はがし、さらに厚みや幅を
整えて、ようやく一本の薄いテープ状のひごが完成します。

温かみと清潔感の漂う白い木肌は、和・洋を問わずよく馴染みます。

色は、白からつややかなあめ色へと、時間をかけて変化していきます。
日々の暮らしとともに馴染んでいく行程も、どうぞお楽しみください。

秋田 イタヤカエデ 丸かご 小

価格: ¥6,000 (税込 ¥6,600)
数量:

返品について

材質 イタヤカエデ
サイズ 上部直径 約21cm 底部 約17x17cm
高さ 約8cm
生産国 日本(秋田県 角館町)
ギフト対応 承ります。 ギフト対応について
 

ご購入の前にご一読ください

  • 天然の木材を利用した手作りの製品のため、多少の折れやささくれ、小さな穴等がある場合がございます。あらかじめご理解の上ご購入ください。
  • 底はわずかにふくらんでいるため、空の状態ではすこし揺れることがあります。


  • 製品の色合いは、一つ一つ微妙に異なります。 またお使いいただくとともに、徐々に変化していきます。
  • サイズ、重量も一点ずつわずかに差がございます。表示のサイズは目安とお考えください。
  • より詳しい情報については、「お問い合わせ」をご利用ください。

お客様の声

Socalgirl様 投稿日:2020年04月17日
おすすめ度:
玉ねぎやじゃがいもなどを入れる素敵なかごを探していました。色合いが素敵で、ふと目がいくと嬉しくなります。小ぶりなのですが以外と入り、果物などもたまに上に載せています。
キッチンで過ごす時間が長いので、なるべく環境にも優しく、文化の継承にも繋がる素敵な
雑貨を活用して楽しみたいです。
maple様 投稿日:2019年12月21日
おすすめ度:
届いた時にとても綺麗なカゴだと思いました。綺麗な編み目で作りがとてもしっかりしています。
裏に焼印が入っているのも良いですね。
大きすぎず小さすぎず丁度いい大きさなので使いやすいです。
和のカゴですが洋のものともとても相性がいいと思います。
使わないときは食器棚に収納していますが、
置いてあるだけでも素敵です。
どんな色に変化するのかとっても楽しみです。
りんご様 投稿日:2018年01月06日
おすすめ度:
少し小ぶりなサイズ感も良く可愛らしいカゴです。みかんを入れたり、日本水仙の花を生けたりと楽しんでいます。
もっと見る