あけび こだし編みのかご

あけび蔓細工の盛んな青森・弘前にて、職人さんの手で製作された、
「こだし編み」のかごです。

こだし編みは、たての蔓に横の蔓を交差させ、しっかりと締め上げていく
昔ながらの技法のひとつ。
ふっくらと張りのある、軽くて丈夫なかごが出来あがります。

蔓をたっぷりつかった縁の仕上げは「あや縁」や「蛇腹」とも呼ばれ、
かご全体を端正に引きしめる役割を果たしています。











コダシというのはもともと、山でキノコや山菜などを採る際、背負ったり
腰に下げて使ったカゴのことで、あけびのコダシを作る時には、
軽さと強度をかねそなえたこの編み方が一般的だったそうです。


あけびは山野に自生するつる性の落葉樹で、秋には紫色の甘い実をつけます。
津軽地方の山麓一帯は、特に良質なあけび蔓が取れることで知られています。

主に秋から冬にかけて採取し、一冬かけて乾燥させたものを、
水に浸けてやわらかくしてから編みはじめます。こうして編み上げたかごは、
職人の手に受けつがれた確かな技術に支えられ、独特の美しさを持っています。

そして、使い込むほどに味わいを増し、何十年にもわたって使うことのできる
耐久性を備えています。

青森 あけび こだし編み 四角かご (深)

価格: ¥32,000 (税込 ¥35,200)
数量:

返品について

材質 あけび蔓
サイズ 上部外寸: 約35x28cm
底内寸: 約31x24cm
高さ: 約21-22cm
生産国 日本 (青森県 弘前市)
簡易ギフト対応 不可の商品となります。
 

ご購入の前にご一読ください

  • 本製品は天然のあけび蔓を利用した手作りの製品です。色むらや、多少の割れや欠け、表皮の剥がれ等が見られます。天然素材の性質としてあらかじめご理解くださいませ。また、洋服などへの引っかかりにはご注意ください。
  • 製品の色合いやサイズは一点一点少しづつ異なります。写真の色や表示サイズは目安とお考えください。
  • 貴重な蔓を余すことなく使うため、底部分などに黒色の蔓を利用する場合があります。耐久性等の影響はありません。
  • 風通しの良い場所で使用・保管してください。(湿度の高い状態で放置しますと、変質の原因となります。)