青森・弘前の伝統工芸、あけび蔓細工のかごです。

こちらは「うね編み」と呼ばれる独特の技法で編まれた、
めずらしい一点。

畑の「畝」から来たその名のとおり、立体感のある編み目が印象的な
端正なおでかけのかごです。











作りは、かっちりとして丈夫。
丁寧に仕上げられた持ち手は、開閉できる可動式です。
使い勝手へのこまやかな配慮が感じられます。

<津軽地方のあけび蔓細工>
あけびは山野に自生するつる性の落葉樹です。
寒冷な東北地方の山地に育つあけびの蔓は、とりわけ編み組みに
適しているといわれ、昔はとても豊富に採ることができました。

蔓の採取は主に、秋から雪が積もる前までの短い期間。
まっすぐに伸びた若い蔓をあつめ、枝葉をはさみで丁寧に落とし、
数か月かけて芯まで乾燥させてから使います。

採取量は、近年の気候の変化や、山に入る人が減り手入れが
及ばなくなったことなどの影響で、最盛期と比べて大きく
減少しています。

貴重な山の恵みを無駄なく編む工夫も重ねながら、職人たちの手で
制作が続けられています。

青森 あけび 手提げ (うね編み)

価格: ¥27,000 (税込 ¥29,700)
数量:

返品について

材質 あけび蔓
サイズ
(外寸)
上部 約25x14cm、
(底内寸 約25x10cm)
高さ 約23-24cm (+持ち手部 約13cm)
重さ 約400g
生産地 日本 (青森県 弘前市)
簡易ギフト対応 承ります。 簡易ギフト対応について
 

ご購入の前にご一読ください

  • 本製品は天然の植物を利用した手作りの製品です。多少の折れやささくれ、黒ずみ等がみられる場合がございます。天然素材の性質としてあらかじめご理解くださいませ。
  • 蔓の表面には多少の凹凸があります。洋服などへの引っかかりにはご注意ください。
  • 製品の色合いは、一つ一つ微妙に異なります。 また貴重な蔓を余すことなく使うため、黒色の材料が混じる場合がございます。耐久性には問題ございませんので、予めご了承ください。
  • サイズ、重量にも多少の個体差がございます。表示のサイズは目安とお考えください。
  • 風通しの良い場所で、乾燥した状態で使用・保管してください。(高温多湿は変質の原因となります。)