明るい木肌の手提げかご。
エストニア製のパインのかごです。

パインの薄い板を箱型に編んだかごは、かつての北欧で
収納や運搬の目的でさかんに使われていました。

その形を少しだけアレンジし、お出かけやちょっとした
お買い物に便利な、スリムな手提げに仕上げたのがこちら。

持ち手に使われているのは、パインの「根」です。
丈夫な繊維質の素材にさらに撚りをかけ、しっかりと取り付け
られており、手にもよくなじみます。













色は、時間とともに少しずつ深みを増していきます。

<エストニアのパイン・バスケット>
木の割材を使ったかご作りは、ヨーロッパなど寒い地域に発達した手法の一つです。
エストニアなどの北欧諸国では、ごく身近な針葉樹であるパイン(ヨーロッパ赤松)
が多く利用されてきました。

軽くて扱いやすいパインのバスケットは、かつては、流通を担う働くかごとして、
今は暮らしを彩る生活具として、変わらず愛され続けています。

エストニア パイン 手提げ

価格: ¥8,000 (税込 ¥8,800)
数量:

返品について

材質 パイン(松)
補強のため一部に接着剤を使用
サイズ 上部外寸 約40×22cm、
高さ 約20-21cm (+持ち手部 約20-22cm)
生産国 エストニア
簡易ギフト対応 不可の商品となります。
 

ご購入の前にご一読ください

  • 割材を使用した手作りの製品です。パイン材は部位により色味や木目の違いが大きいため、製品としても比較的個体差が大きいのが特徴です。また仕上がりサイズにも多少の差が見られます。写真の色味や表示サイズは一例とお考えください。
  • 板の折り目の部分を中心に、小さな割れ・ささくれ等が見られることがあります。また加工の際につく、白い擦れ跡やカッター跡、接着剤の付着等がみられます。あらかじめご了承くださいませ。
     (擦れ跡の例)
     (接着剤付着の例)