伝統的で実用的なかご作りを続けているフランスの職人 フランソワさんのヤナギのかごです。

こちらは、フランス北西部ブルターニュ地方の言葉で
「バスコデン (Baskodenn)」と呼ばれる独特のかご。

三方を海に囲まれ、漁場に恵まれたブルターニュ半島で、
獲った魚を運ぶ用途に、1930年代ころまで盛んに使われていた、
漁師かごです。

その後、船や港での運搬には木製のコンテナが使われるようになっていきましたが、
丈夫で使い勝手のよいこのかごは、その後も、毎日のお弁当を入れたり、
自宅用の魚を運んだりと、地元漁師さんたちの手元で長く愛され続けてきました。

いまでは、フランス伝統のかごの一つとして 文化的価値が認められ、
その技法は、各地のかご職人さんたちの手に受け継がれています。

さまざまな道具類の 保管や持ち歩きにおすすめしたい一点です。



横軸に太めのヤナギ、縦軸にはワイヤーを使った、
すこし重みのあるがっしりとした作り。
重たいものを運んでも、これなら安心です。







外皮を剥き、丁寧に下処理をほどこしたヤナギ素材は
つるりとしてどこを触っても滑らか。
全体に丸みを帯びたやさしいシルエットです。

持ち手はしっかり太め、頼れるのにどこか可愛いカタチです。




小規模ながらも、各地にかご作りの伝統がのこるフランス。
職人からアーティストまで、さまざまな作り手が活躍しています。

本品は、自家栽培のヤナギの枝を用い、とても緻密で丁寧なかご作りで知られる
フランソワさん製作の一点です。

フランス バスコデン (Baskodenn)

価格: ¥15,000 (税込 ¥16,500)
数量:

返品について

材質 ヤナギ、ワイヤー
サイズ
(外寸)
上部直径 約28cm
高さ 約19cm (+持ち手約13cm)
重さ 約800g
生産国 フランス
ギフト対応 不可の商品となります。
 

ご購入の前にご一読ください



伝統的で実用的なかご作りを続けているフランスの職人、フランソワさんよる、ヤナギのかごです。

こちらは、フランス北西部ブルターニュ地方の言葉で 「バスコデン (Baskodenn)」と呼ばれる独特のかご。

三方を海に囲まれ、漁場に恵まれたブルターニュ半島で、 獲った魚を運ぶ用途に、1930年代ころまで盛んに使われていた漁師かごです。

その後、船や港での運搬には木製のコンテナが使われるようになっていきましたが、丈夫で使い勝手のよいこのかごは、その後も、毎日のお弁当を入れたり、自宅用の魚を運んだりと、地元漁師さんたちの手元で長く愛され続けてきました。

いまでは、フランス伝統のかごの一つとして 文化的価値が認められ、その技法は、各地のかご職人さんたちの手に受け継がれています。

さまざまな道具類の保管や持ち歩きにおすすめしたい一点です。



横軸に太めのヤナギ、縦軸にはワイヤーを使った、すこし重みのあるがっしりとした作り。重たいものを運んでも、これなら安心です。







外皮を剥き、丁寧に下処理をほどこしたヤナギ素材はつるりとしてどこを触っても滑らか。全体に丸みを帯びたやさしいシルエットです。



持ち手はしっかり太め、頼れるのにどこか可愛いカタチです。



小規模ながらも、各地にかご作りの伝統がのこるフランス。 職人からアーティストまで、さまざまな作り手が活躍しています。

本品は、自家栽培のヤナギの枝を用い、とても緻密で丁寧なかご作りで知られるフランソワさん製作の一点です。


  • ヤナギの枝を利用した手作りの製品です。色むらや天然の黒ずみ、ササクレ・割れ等が見られる場合がありますが、天然素材の製品の風合いとしてご理解いただいた上で、ご購入いただければ幸いです。
  • お届けする製品の色合い・木目は、一点一点異なります。 またサイズ・重量にも、多少の誤差がございます。表示のサイズは目安とお考えください。
  • 風通しのよい場所で、乾燥した状態で保管してください。