北ヨーロッパ、バルト海に面したラトビアのかごです。
自家栽培のヤナギを使って、職人さんの手で作られています。

すっきりとシンプルなデザインのマガジンラック。
芯材にヤナギの枝を使い、重たい本を置いてもしっかりと
支えてくれる丈夫さ、そしてバランスの良い作りが魅力です。









<ヤナギのバスケット>

「バルトの真珠」とも呼ばれ、中世ヨーロッパの佇まいを伝えるラトビア。
こまやかな手仕事が今に息づく国です。

伝統的なバスケットの数々は、同国の家族経営の工房で作られたもの。
素材のヤナギは、広大な畑ですべて自家栽培。
収穫から編む工程まで、すべて人の手で行われています。

畑の脇には、枝をボイルするための細長いお釜(お風呂のような形)や、
乾燥・下処理のための大きな小屋が設置されていて、職人さんたちが
効率よく仕事ができるように工夫されています。


ヤナギには約350もの種類があり、北半球を中心に広く分布しています。
扱いやすく柔軟性があり、かご作りに適した素材として、世界各地で
古来より利用されてきました。

生命力が強く、若い小枝を旺盛に伸ばし、栽培しやすいことから、
ヨーロッパでももっとも身近な素材の一つに数えられています。
すでにローマの時代に、植えられ、利用されていた記録があるそうです。

ラトビア マガジンラック

価格: ¥11,000 (税込 ¥11,880)
数量:

返品について

材質 ヤナギ(結合部に金釘、接着剤を使用)
サイズ 約40x27~28cm
高さ 約24~25cm(+持ち手部 約8~12cm)
底奥行(内寸) 約14cm
重さ 800g
生産国 ラトビア
ギフト包装 不可の商品となります。
 

ご購入の前にご一読ください

  • ヤナギの枝を利用した手作りの製品です。色むらや天然の黒ずみ、小さなササクレ・割れ等が見られる場合がありますが、天然素材の製品の風合いとしてご理解いただいた上で、ご購入いただければ幸いです。


  • 結合部には一部接着剤を使用しています。

  • 置いた時、わずかにがたつきがある場合がございます。
  • 湿度の高い場所は避け、風通しのよい場所でお使いください。
  • お届けする製品の色合いは、一点一点わずかに異なります。 またサイズ・重量にも、多少の誤差がございます。表示のサイズは目安とお考えください。