北ヨーロッパ、バルト海に面したラトビアのかごです。
自家栽培のヤナギを使って、職人さんの手で作られています。

こちらは、ふっくらとやさしいシルエットの壁掛けのかご。
背中が平らになっているので、安定感よく掛けることができます。

キッチンには、ふきんやペーパー類の保管場所として。
玄関先では、おでかけ時の小物の収納や、グリーンなどを飾ってみるのも
楽しそうです。










編み目は比較的ざっくりとしています。


表皮をむき取り、薄く整えたヤナギの枝で編んでいます。
色は時間とともに少しづつあめ色へと深まっていきます。

<ヤナギのバスケット>

「バルトの真珠」とも呼ばれ、中世ヨーロッパの佇まいを伝えるラトビア。
こまやかな手仕事が今に息づく国です。

伝統的なバスケットの数々は、同国の家族経営の工房で作られたもの。
ヤナギの栽培から編む工程まで、すべて人の手で行われています。


ヤナギには約350もの種類があり、北半球を中心に広く分布しています。
扱いやすく柔軟性があり、かご作りに適した素材として、世界各地で
古来より利用されてきました。

種類によってさまざまな色があり、さらに皮つきのもの、皮をはいだもの、
皮そのものを利用したもの...と、豊富なバリエーションがあるのも魅力。

生命力が強く、若い小枝を旺盛に伸ばし、栽培しやすいことから、
ヨーロッパでももっとも身近な素材の一つに数えられています。
すでにローマの時代に、植えられ、利用されていた記録があるそうです。

ラトビア ウォールバスケット

価格: ¥6,500 (税込 ¥7,150)
数量:

返品について

材質 ヤナギ (接合部に鉄釘を使用)
サイズ (外寸) 幅 約24-25cm、上部奥行 約19-20cm
本体高さ(背面) 約17-18cm (+持ち手 約13-14cm)
重さ 約 200g
生産国 ラトビア
簡易ギフト対応 承ります。
簡易包装について
 

ご購入の前にご一読ください

  • ヤナギの枝を利用した手作りの製品です。色むらや天然の黒ずみ、小さなササクレ・割れ等が見られる場合があります。天然素材の性質としてあらかじめご理解くださいませ。
    (繊維に沿った割れの例)

  • 使い始めは、ヤナギ素材天然の甘い香りが気になる場合があります。時間の経過とともに徐々に消えていきます
  • お届けする製品の色合い・木目は、一点一点わずかに異なります。 またサイズ・重量にも、多少の誤差がございます。特に持ち手は、皮をむいたヤナギの枝をそのまま使用しており、太さや色味は一点一点異なります。写真は一例とお考えください。
  • 水濡れや湿度の高い場所での使用は避け、風通しのよい乾燥しやすい場所でお使いください。



お客様の声

みわ様 投稿日:2022年01月06日
おすすめ度:
思っていたより奥行きがあってびっくりしましたが、その分沢山収納ができて助かっています。キッチンの壁にかけて資源ごみを束ねる荷造りひもやガムテープなどを入れています。
yumiko様 投稿日:2021年10月17日
おすすめ度:
小ぶりですが奥行きがあり、わが家では家族分のマスク入れとして活躍しています。お気に入りのぬいぐるみなどを入れても可愛いと思います。独特の甘い香りがします。
購入者様 投稿日:2020年03月12日
おすすめ度:
思ったより大振りでしたが、しっかりした作りで、もちろんとっても美しい!
安価なカゴもたくさんありますが、いいものをずっと使おうと思って生活するのもいいものです。
もっと見る