エストニア パインのトレイ  

ヨーロッパの東、バルト海に面したエストニアのパインのかごです。

こちらは、ごく薄く整えた素材で編んだ、小ぶりのトレイです。







持ち手には、撚ったパインの「根」を使用。
小さいながらも伝統的な作りとなっています。
へぎ材は0.5ミリほどの薄さで、とても軽やか。




2サイズ入れ子になります。


エストニアにある家族経営の工房「ストラウス社」の工房にて
製作されています。
全ての製品が職人の手によりハンドメイドで仕上げられています。

無垢のパイン材の質感をいかしたシンプルなつくり。
色は、時間とともに少しずつ深みを増していきます。


<エストニアのパイン・バスケット>

木の割材を使ったかご作りは、ヨーロッパなど寒い地域に発達した手法の一つです。
エストニアなどの北欧諸国では、ごく身近な針葉樹であるパイン(ヨーロッパ赤松)
が多く利用されてきました。

軽くて扱いやすいパインのバスケットは、かつては、流通を担う働くかごとして、
今は暮らしを彩る生活具として、変わらず愛され続けています。

エストニア パイン トレイ (M)

価格: ¥2,700 (税込 ¥2,970)
数量:

返品について

材質 パイン (松)
サイズ 約 26×22cm、
高さ 7cm (+持ち手部 約3cm)
生産国 エストニア
簡易ギフト対応 承ります。 簡易包装について
 

ご購入の前にご一読ください

  • 割材を使用した手作りの製品です。パイン材は部位により色味や木目の違いが大きいため、製品としても比較的個体差が大きいのが特徴です。また仕上がりサイズ、割材の幅や使用本数にも多少の差ある場合がございます。商品画像や表示サイズは一例とお考えください。
  • 素材の性質上、一部に割れやささくれが生じます。また加工の際に、白い擦れ跡やカッター跡がつくことがあります。あらかじめご了承くださいませ。