カートを見る 会員ログイン お客様の声 ご利用ガイド
 

パレスチナ 昔ながらのくだものかご new



地中海地方の代表的な農産物、ナツメヤシの細枝を編んだ
風合いのあるかごです。

両持ち手のシンプルな丸かごは、パレスチナの家庭でつかわれる
伝統的なかごの一つです。

グレーの部分にはオリーブの枝、ブラウンの部分にはヤナギの枝をつかった
やさしい天然色の組み合わせ。くだものや野菜がよく映えます。

  

  


ナツメヤシは、編む時は水に浸してやわらかくしますが、
乾燥するとしっかりと固く、頼れる素材です。


<フェアトレードのバスケット>

イスラエル北部、ガリラヤ地方を拠点に活動する非営利団体
「ガリラヤのシンディアナ」の製品です。

その工房でかご編みの技術を身に付けた女性たちが、一つ一つ
丁寧に仕上げています。

「ガリラヤのシンディアナ」は、1996年の設立以来、
多くの社会的困難に直面しているパレスチナ(アラブ)系の
女性たちに、安心して働ける場を提供しようと、
さまざまな試みを重ねてきました。

現在も、フェアトレードの理念のもと、オリーブオイルや
かごなど地域の特産品を世界各国に輸出しています。

ナザレの町から北に約20キロ、コフル・マンダ村にある
ビジターセンターに、誰もがかご作りを学べる工房が
設けられています。

そこは、単に職業としてだけではない、創造の喜びがうまれる場。
そして手仕事を通じて、ユダヤとアラブの女性たちが
草の根の交流をはぐくむ、あたたかな場でもあるのです。

パレスチナ 昔ながらのくだものかご

価格:
9,000円 (税込 9,720円)
購入数:
在庫をみる
返品期限・条件 返品について
この商品について問い合わせる

材質 主材料:ナツメヤシの枝、
飾り部分:オリーブ、ヤナギの枝
サイズ 直径 30-32cm、
高さ 約9-10cm (+持ち手部 約5-7cm)
生産地 イスラエル北部ガリラヤ地方
ギフト包装 不可の商品となります。
誠に申し訳ございません。
 

  • ナツメヤシの枝を主材料とした手作りの製品です。色むらや天然の黒ずみ、ササクレが見られたり、開花後のガクが残っていることがありますが、天然素材の製品の風合いとしてご理解いただいた上で、ご購入いただければ幸いです。

  • お届けする製品の色合い・木目は、一点一点わずかに異なります。 またサイズ・重量にも、多少の誤差がございます。表示のサイズは目安とお考えください。
  • 水に濡れますと色落ち、変色の原因となりますのでご注意ください。


■ お客様の声

おすすめ度  ★★★★★ kurumi様 2013-09-06
しっかりとした丈夫なつくりで、色合いも気に入っています。
これから収穫時期を迎える秋の果物を入れて使いたいと思います。