大分県の古い城下町、杵築(きつき)市に工房をかまえる、
児玉美重さんの手提げのかごです。

丁寧に面取りされたひごを、六つ目編みをベースに
組み上げたかごは、繊細でありながら伸びやかな雰囲気。
その透明感あるたたずまいを「結かご」と児玉さんは名付けました。

そこはかとない可愛らしさがにじむ、横長シルエットの一点です。

上質な清潔感があり、洋和装どちらにも合わせられる
かろやかなおでかけの手提げとしてご愛用ください。


あずま袋などの布ものと合わせても趣があります。




持ち手と縁巻きには、軽く丈夫な籐を使用。
籐素材の表面には、天然の黒い模様や表皮の剥離、色むらなどが
見られます。素材の特徴としてご理解ください。




角の部分は、籐を巻いて補強しています。


時間とともに味わいが深まり、最後には土に還っていく竹。
児玉さんは、その素材としての魅力と、編みの美しさに惹かれ
竹工芸を学ぶために、大分に移り住んだそうです。

別府で竹籠作りの基礎を学んだ後、杵築の地に根をおろし
工房を構えました。
女性らしい細やかな視点と、暮らしの中への取り入れやすさを
意識した作品が魅力です。

大分 真竹 結かご (ヨコ)

価格: ¥21,000 (税込 ¥22,680)
数量:

返品について

材質 真竹、籐
サイズ 上部 約34x12cm、
高さ 約16cm (+持ち手部 約11cm)
重さ 約200g
生産地 大分県
ギフト包装 不可の商品となります。
 

ご購入の前にご一読ください

  • 天然の植物を利用した製品です。素材の一部に小さなキズやササクレ等が見られる場合がございます。
    特に持ち手部の籐は、表皮の剥離や色むら、変色等の生じやすい素材です。素材の特徴として
    あらかじめ何卒ご了承ください。
      
  • 風通しのよい場所で、乾燥した状態でご使用ください。(湿度の高い状態で放置しないようお気を付けください。)
  • お届け時の製品の色合いは、一つ一つ微妙に異なります。 またお使いいただくとともに、徐々に淡い茶色へと変化していきます。

大分 真竹 結かご (タテ)

¥21,000(税込 ¥22,680)