古くからの「箕(み)」の産地、秋田市の太平黒沢地区の
「太平箕(おいだらみ)」。こちらは小ぶりに仕上げた一点です。

箕とは、穀物をふるい分ける時などに使われた農具で、
かつては各地で様々なかたちのものが作られていました。

カエデの白肌の美しさで知られる太平の箕は、イタヤカエデの
若木に山桜とフジを組み合わせ、フレーム部分には根曲竹を
使います。

作り手は、専業の職人として長年生計を立ててきた田口召平さん。
箕づくりに必要とされる高い熟練の技と、幅広い知識をもつ、
この地域の最後の作り手さんです。

素材ごとにことなる採取時期や採取場所、下処理や保管法を
熟知し、多岐にわたる複雑な工程を正確にたどることのできる
田口さんの手で、すべて仕上げられた貴重な一点です。


素材の一本一本に面取りが施され、とてもなめらかな手ざわり。










水漏れしにくいなど素材の特性をうまく活かしたつくり、
「馬が乗っても壊れない」と評される高い耐久性、そして
イタヤカエデの白さをベースとする端正な美しさで
多くの人に愛された太平箕。

「秋田のイタヤ箕製作技術」として、角館町のイタヤ箕と
ともに、国の重要無形民俗文化財に指定されています。


田口召平さんと年代物の太平箕。

◎田口さん訪問記は こちら (当店ブログへ)

秋田 太平黒沢 太平箕 (小)

価格: ¥12,000 (税込 ¥13,200)
数量:

返品について

材質 本体:イタヤカエデ、フジ、山桜
縁材:根曲竹、イタヤカエデ
サイズ 縦 約33m, 横 約32cm、深さ 約8cm
生産国 日本(秋田県秋田市)
ギフト対応 不可の商品となります。
 

ご購入の前にご一読ください

  • 天然の木材を利用した手作りの製品のため、多少の折れやささくれ、天然の汚れ等が見られる場合がございます。いずれもご使用上支障はございませんので、あらかじめご理解の上ご購入ください。
  • 製品の色合いは、時間とともに徐々に深まっていきます。
  • 乾燥した状態で保管してください。(湿度の高い状態で放置しますと、変質の原因となります。)
  • より詳しい情報については、「お問い合わせ」をご利用ください。