世界の手編みかごを紹介するオンラインショップです。
自然と寄りそい、文化を伝える、かごのある暮らしをお届けします。



  

アダン(タコノキ)の葉を編んだ手提げかご。
竹富島で作られたもので、現地では「ヤミカゴ」と呼ばれる
昔ながらのおつかいかごです。

軽くて、とても弾力が高く、毎日気軽に手に取りたくなる
素朴な雰囲気が魅力です。

かご作りに使うのは、アダンの葉の部分です。
長い葉からトゲを取り除き、ほそく割いて乾燥させると、
軽くて張りのある、よい素材になります。









タコノキ科の木は、海岸や川沿いの湿地に生える常緑の低木。
幹からのびるたくさんの気根がタコの足のように見えることから
その名がついたのでしょう。

パンダナス、パンダンなどの名で、東南アジアやポリネシア諸国にも
広く分布し、利用されています。

沖縄諸島ではアダンと呼ばれ、葉からはかごや敷物、草履を作ったり、
気根は撚ってひもにしたりと、古くからさまざまに活用されてきました。

アダンでつくる「琉球パナマ帽」は、戦前の沖縄の一大産業にも
なっていたそう。八重山地方の暮らしに、とても身近な植物のひとつです。

沖縄 アダン 手提げかご (小)

価格: ¥5,000 (税込 ¥5,400)
数量:

返品について

材質 アダン (タコノキ)
(持ち手部分に接着剤を使用)
サイズ 上部 約23x13cm、
高さ 約15cm (+持ち手部 約13cm)
重さ 約100g
生産地 沖縄県
ギフト包装 不可の商品となります。
 

ご購入の前にご一読ください

  • 本製品は天然の植物を使った、昔ながらの実用のかごです。素材の表面には、色むらや
    部分的な変色、小さな割れ欠け等が見られる場合がございます。素材の特性としてご理解ください。
      
  • 一部に、製作の際に素材を固定する目的で刺す、小さな釘の穴が見られます。
    不具合ではございませんので予めご了承くださいませ。
  • お届けする製品の色合いは、一点一点すこしづつ異なります。またサイズ・重量にも多少の差が
    ございます。表示のサイズは目安とお考えください。