世界の手編みかごを紹介するオンラインショップです。
自然と寄りそい、文化を伝える、かごのある暮らしをお届けします。



  

真竹を編んだ、米研ぎ用のざるです。
千葉の竹細工職人の手により、地元産の竹を使って作られています。

堅い真竹を極細にまで削ったひごで、とても緻密に編み上げられています。
底の網代編みから縁巻まで、すきなく整った端正な仕上がり。

3合から5合ほどを研ぐのに適したサイズです。
水切れよく、手にもお米にも快適で、毎日のお米研ぎが楽しみになる、
そんな一点です。

底面が広く、置いた時の安定感がよいのも特徴のひとつです。




産地は、千葉県北部の印旛地域。
利根川や印旛沼など豊富な水と、肥沃な土地に恵まれ、古くから
米や野菜栽培の盛んな土地です。

また、ウナギやコイ・フナなどの漁師もいたことから、農・漁業用の
竹細工の需要が多く、かつては多くの職人が活躍していました。

この作り手さんは、そんな昔ながらの竹籠を中心に製作していた父親の
跡を継ぎ、職人の道に入りました。

すでに30年以上のキャリアをもつベテランですが、かけだしだった
昭和50年代当時、すでに地元の竹細工の需要は大きく低下していました。

そこで、あらゆる注文のかごづくりに対応しながら、様々な技法を
学ぶことに力を入れてきたそうです。

依頼者の細かな注文に応えることで、幅広い応用力を身につけ、
今日まで技を高め続けてこられました。







「用」に徹する中から生まれる手仕事の美しさを、
きっと感じていただけることと思います。

千葉 真竹 米研ぎざる

価格: ¥8,000 (税込 ¥8,640)
数量:

返品について

材質 真竹
サイズ 直径 約21cm (外寸)、
高さ 約11cm
生産地 千葉県
ギフト包装 承ります。
ギフト・ラッピングについて
 

ご購入の前にご一読ください

  • 本製品は天然の植物を利用した手作りの製品です。多少の折れやささくれがある場合がございます。
    天然素材の製品の風合いとしてご理解ください。
  • 長時間濡れたままにしますと、変色や劣化の原因となります。水切りとしてご使用の後は、風通しのよい場所で
    しっかりと乾燥させてください。
  • 製品の色合いは、お使いいただくとともに、徐々に薄茶色へと変化していきます。
  • サイズ、重量は、一点ずつわずかに差がございます。表示のサイズは目安とお考えください。

お客様の声

はりねずみ様 投稿日:2016年03月24日
おすすめ度:
我が家では米研ぎざるとしてではなく、別の用途での使用ですが
てっぺんの縁から底にかけてストンとしていて、あまり丸みを帯びていないので
中に物を入れやすく、また安定感もあって使いやすいです。
まだ青々とした竹の匂いがほんのり香ってきて、これからの竹の変化も楽しみです。
いずみ様 投稿日:2016年03月22日
おすすめ度:
さわやかな緑の色が印象的です。
底の面積が広いので、見た目はコンパクトでも容量は充分にありました。
お米一粒もこぼれずに研ぐことができて、大満足です。
以前に購入し使用しているまたたびの米研ぎざるの補修に関してお尋ねしたら、とても丁寧にご説明をしてくださり、お互いの思いがやりとりできて、信頼感を感じるとともに嬉しかったです。
ありがとうございました。

ページトップへ