Webショップ入荷情報(10/15)

2021年10月15日、今週のオンラインショップ入荷情報です。

++++++++++++++++++++++++
 秋田・角館のイタヤ細工
 弁当かご&小文庫
++++++++++++++++++++++++

秋田県の角館(かくのだて)の菅原さんご家族が長年手掛けてきたイタヤカエデのかごは、白くなめらかな質感が魅力です。

カエデの仲間の中ではもっとも大きく育つイタヤカエデ(板屋楓)。その若い枝を割って整えたへぎ材は、弾力と強度を備え、古くからかご作りの素材として利用されてきました。

秋田では、農具の「箕」をはじめ、郷土玩具のこけしにも利用されたりと、イタヤの木と人々のつながりの深さを感じる場面が多々あります。

代々の職人一家である菅原清澄さんと文子さん、そして麻巳さん・呉羽さんの二人の娘さんが、秋田の伝統工芸「イタヤ細工」の技術を継承しています。


◆弁当かご
・四つ目:http://kagoami.com/SHOP/JAI301.html
・あじろ:http://kagoami.com/SHOP/JAI302.html

◆小文庫
http://kagoami.com/SHOP/JAI402.html

◆丸かご
小:http://kagoami.com/SHOP/JAI405.html
大:http://kagoami.com/SHOP/JAI406.html

◆手提げかご
https://kagoami.com/SHOP/JAI114.html

イタヤ細工に使われるのは、直径15~20センチほどに育った若い幹です。

年輪に沿って薄く割いた「へぎ材」に加工するには、熟練の技が必要。板の幅と厚みを揃えて、ていねいに編み上げたイタヤ細工のかごは、弾力があって割れにくく、使うほどになめらかな手触りに変化していきます。

◎秋田 角館のイタヤ細工
https://kagoami.com/SHOP/90530/list.html

 

++++++++++++++++++++++++
 フィリピン カラグモイの
 ふた付きかご
++++++++++++++++++++++++

カラグモイのふた付きのかごは、開店当初から長くご紹介してきた定番品の一つ。

フィリピン国内で活動するNGO「コミュニティークラフト」を通じて、日本に届けられています。

1973年に首都マニラで設立されたフェアトレード運動の先駆け的な存在。フィリピン各地の自然素材を使った手工芸品の生産を通して、貧困の改善を目指しています。

カラグモイは、タコノキ科の低木「パンダナス」の一種で、東南アジアやポリネシアの島々のかご作りには欠かせない植物です。

室内の敷物や日除けの帽子などにも利用され、お料理の香りづけにもよく使われるそう。厚みのある葉を切りそろえ、ななめに編み上げたふた付きかごは、小物入れやお弁当かごなどとして、手軽にお使いいただけます。

◆フィリピン カラグモイ
S:http://kagoami.com/SHOP/SPS301.html
L:http://kagoami.com/SHOP/SPS302.html

おにぎりやサンドイッチ入れとしてご利用のお客様も多い製品です。弾力のあるソフトな素材感ですので、持ち歩く際はハンカチで覆うなど、型崩れしないようにご注意ください。

◎アジアのかご
https://kagoami.com/SHOP/90574/list.html

 

。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+

この一年は、通販でのお買い物が増えた、という方も多いことと思います。
当店をご利用のお客様からは「簡易包装でかまいません」というコメントをいただくことも増えてきました。

大きさはもちろんのこと、素材も形も、強度もさまざまな個性ゆたかなカゴたち。
まずは安全にお届けすることを第一に考えておりますが、日頃、以下のような手順で配送業務を行っています。

はじめに、オンラインショップで販売するかご製品はすべて、検品・サイズ測定・色合い等のチェックを行ったあと、よごれやほこりを落とすクリーニングの作業をひとつひとつ時間をかけて行っています。

発送の際に特に心がけているのは「シンプルな梱包」です。できるだけ少ない資材で製品を十分保護できるように、また受け取ったお客様が片付けやすいよう、分別しやすいような梱包を心がけています。

すき間に詰める緩衝材は、プチプチなどの石油由来のものは最小限にとどめ、リサイクル率の高い再生紙(新聞紙や段ボール紙)を中心に活用しています。

通販という形態では、配送資材の使用や、運搬にかかるエネルギーの消費は避けることができませんが、できるだけ環境への負荷を少なくする工夫を、これからも重ねていきたいと考えています。

2021.10.15

◎メールマガジンを受け取る(毎週金曜配信)
→ スマホの方
→ PCの方