天地を返す

こんにちは。朝子です。暑い日が続いていますね~!

今年のはじめに、生まれてはじめてお味噌を仕込んだのですが、
昨日は、「天地返し」という作業をしました。

土用のこの時期に、ずっと封印していた味噌がめをはじめて開いて、
味噌の上下を入れ替えるのです。
これによって、ぐっと発酵が進むのだそう。

仕込んだ時は、クリーム色の豆ペーストでした。 → 「味噌作りに挑戦

それがこの半年間、常温の中に放置されて一体どんなふうになったのか、
開封の瞬間は、かなりドキドキ…。

ジャジャーン!

しっかり味噌らしい色になっていて、ホッとしました。
なめてみると、うんうん、確かにお味噌の味がします。

上からすこしづつ、小さな味噌玉を作っていきます。

5歳児は泥んこ遊び気分。
「フワフワできもちいぃ~。」

 

全部できたら、先に作った玉から、順にかめに戻していきます。

かめは一度焼酎で消毒するのですが、なかったのでつれあいの大事な
ウイスキーを少々拝借。

再びふたをして、熟成するまでもうしばらく眠ってもらいます。

最後に娘と二人、「おいしくなぁれ~!」と呼びかけて、天地返しは終了。

ある暑い夏の日のひとこまでした。

朝子