新装開店の匙屋さんに行ってきました。

こんにちは。征一郎です。

一昨日、東京に降った雪はまだ半分ほど残っていて、
夕陽の差し込んでくるこの時間は、とてもきれいです。

さて先日は、12月の展示販売などなど、日ごろお世話になっている
「匙屋」さんに行ってきました。
年が明けてから、これまでのスペースが拡大し、さらに居心地のよい空間と
なっていました。そして今伺うと、素敵な器でお抹茶を点てていただけるのです!!

当日は、さかいあつしさんの匙づくり実演も見学できました。
(むすめがいろいろじゃましてしまいましたが。。。)
実際に、手間を惜しまず一本一本削る現場をみることで、日ごろ愛用している
匙にさらに愛着が持てました。

この日は、前から気になっていたラオスの手縫いのコースターと、ガラスのコップを購入。
石原稔久さんの耳付きの器も欲しかったのですが・・・、三月に個展をされると聞き、
今回はガマン。代わりに、石原さんのやきもの人形が登場する絵本をいただきました。

夕方にお店を出て駅に向かう途中、知り合いの本やさん、たいやき、ベーグル屋さん、
いろいろな人とであい、それぞれ立ち話をしながら帰ってきました。

昔ながらの人づきあいと街角の雰囲気・・・そんな風景が残っている国立が
ますます好きになった一日でした。