おらが復興食堂

みなさま、こんにちは、朝子です。

ゴールデンウィークのご予定は決まりましたか?

今年は、ゆっくりと北上している桜前線を追いかけて東北に、
というのもよいかもしれませんね。

特に震災の被災地にとっては、そこに足を運ぶことだけでも、一つの支援に
つながると思います。

もし、岩手の沿岸部を訪れる予定の方がいらっしゃったら、
おすすめのお店があります!

大槌町にある、「おらが大槌復興食堂」です。
http://oragaotsuchi.web.fc2.com/

大槌も、津波の被害がとりわけ大きかった地域の一つ。

私たちが訪れたのは、震災から1年が過ぎた今年3月でしたが
一帯にはまだまだ、信じられないような破壊的な景色が広がっていました。

そんな中に、大きなテントがひとつ。
たくさんの人が出入りして、その周りだけが明るく活気に満ちています。
それがこの復興食堂だったのです。

どんな感じかしら、と入ってみたのは、ちょうどお昼どき。
ボランティア活動の方たちも大勢来ていて、広い店内は満席でした。

とにかく、その味とボリュームに大満足です!
「おらが丼」に「がっつら丼」、、、なんと夜は居酒屋に早変わりするそうです。
たのしそう!

「おらが丼」。海の幸たっぷりです!

おいしい食べ物と、自分たちの手で町を取り戻すんだ、というスタッフの皆さんの熱い気持ちが、
やってきた人に次々とエネルギーを注入しているかのようでした。

もしこのあたりに行かれることがあれば、ぜひ寄ってみてください!

「三陸に仕事を!プロジェクト」 漁具の網を使用した手仕事のアクセサリー
「浜のミサンガ 環」も販売されていましたよ。

朝子