かご小話: 宮城 岩出山の篠竹細工

宮城の北西に位置する「岩出山」は、豊臣秀吉の命によってこの地に送られた
伊達政宗が開いた、古い城下町です。

政宗はのちに仙台へと移りますが、その子孫が代々岩出山城を
守ってきました。

篠竹細工は、その第4代の城主が京都から職人を呼び寄せて、家臣らの
内職として奨励したのが始まりだと伝えられています。

1720年頃のことだそうで、既に300年に近い、長い歴史を持っているのですね。

その間、その時代の暮らし方に合わせ、様々なかごが作られてきたことでしょう。

岩出山の篠竹細工を手に持ってみると、その軽さ、そして肌あたりの
良さが印象的です。

ヒゴがとても薄く削られているので、編み終わりの
部分の飛び出しが気にならず、とてもなめらかでやさしい肌触り。

一つの丸いざるを編むのに、太さや厚み、長さの異なる何種類もの
ヒゴを用意するのだそうです。

シンプルなざるの中にも、きっと300年分の職人さんの知恵が
詰まっているのですね。

この技術と伝統が、どうかいつまでも伝わり続けますように!